とっておきの子供部屋を作ろう

自分だけの秘密基地、子供部屋♪
子供が楽しく遊べる、片付けられる部屋に。毎日過ごす場所だから、工夫してとっておきの場所にしてあげたいですね。まだちょっと早いかな?という場合も、「遊ぶだけ」「学習するだけ」「眠るだけ」など、少しずつ過ごす時間を増やしていければOK!
男の子の部屋、女の子の部屋、ピンクの部屋、ブルーの部屋、わくわく楽しく過ごせるとっておきの子供部屋をつくろう!

勉強するコトから選ぶ
  • サンプルイメージ

  • 学習机って本当に必要でしょうか?購入してもなかなかすぐに「自分の部屋で」勉強することはなかったような… カインズがおすすめするのは「リビング学習」!子供部屋はひとりで勉強できるようになってからでもいいかもしれません。

リビング学習の
3つのいいところ

  • アイコン安心感

    みんなと過ごすリビングは、リラックスして安心できる場所。ひとりぼっちの子供部屋で不安を感じるよりも、安心して学習に取り組めます♪

  • アイコンコミュニケーション

    わからないところはすぐに質問できたり、できたものをすぐに見せて褒めてあげたり、コミュニケーションがとりやすいのもいいところ♪

  • アイコン学習机費用は貯金に

    すぐに使うかわからない、いつまで使うかわからない学習机は意外と高額品…まずはリビング学習で必要最低限のものからスタート♪

おすすめの商品はこちら!

遊ぶコトから選ぶ
  • サンプルイメージ

  • 家の中でも思いっきり楽しく遊んでほしい。そんな時にあわせて気をつけたいのが安全性。こけないか、ぶつけないか、出ていかないか、気になる不安を解消できる商品をご紹介♪

遊ぶ時に
気を付けてあげたい
3つの事

  • NO.1

    いつこけてしまうかドキドキ…万が一の為に床にはクッション性のあるものを。パズルマットや洗えるラグなら、汚れてもお手入れが簡単です。

  • NO.2

    大人がぶつけてもものすごく痛い家具などのカド、子供にはもっと痛い!気になるところはしっかりガードを付けてカバーしてあげましょう。

  • NO.3スペース

    歩けるようになるのは嬉しいけれど、行動範囲が広がりすぎるのもドキドキ…キッチンや階段など「立ち入り禁止」場所にはベビーフェンスなどでしっかりガードを。

おすすめの商品はこちら!

片づけるコトから選ぶ
  • サンプルイメージ

  • 「遊ぶ」だけではなく小さな時から「片づける」くせもつけてあげたいですね。難しい収納や分類はできなくても、ざっくり元に戻す、しまうことができればOK!まずは、カラフルに色分け、大きなボックスにざっくりの片づけから!

片づけやすくする
3つのポイント

  • NO.1「フタ」ははずす

    中身を隠せる便利な「フタ」ですが、子供にとってはそのワンアクションは大きなハードル。まずは投げ入れればOKな大きなボックスにざっくり収納から始めましょう。

  • NO.2色やラベルで分ける

    どこに何をしまえばいいのか、色別に箱を分けたり、イラスト付きシールでラベリングしたり、ひと目で区別しやすく!がポイント

  • NO.3入る分だけ

    どんどん増えてしまう、それがおもちゃ…「この箱に入る分だけ」「ここにしまえる分だけ」のルールを決めて、定期的に量の見直しを。

おすすめの商品はこちら!

眠るコトから選ぶ
  • サンプルイメージ

  • いつから子供部屋でひとり寝できるか…焦る必要はありません。無理せず、少しずつチャレンジできればOK!布団に入ってからも、朝目が覚めた時も、わくわく楽しくなるようなベッドまわりにしてあげたいですね。

眠る時に
気を付けてあげたい
3つの事

  • NO.1布団の中からの視界

    布団に入ってからもわくわくすると楽しいもの!キラキラするガーランドを付けたりゆらゆらゆれるモビールを飾ったり。布団に入るのが楽しみになるような工夫があると◎

  • NO.2やさしい灯り

    真っ暗はとにかく怖いんです!部屋を暗くしながらも、真っ暗にはならないように間接照明などで少しあかりを残しましょう。オレンジっぽい暖色系のあかりがおすすめ

  • NO.3最初は一緒に

    急にひとりはさみしいもの。最初のうちはやっぱり一緒におしゃべりしたり、絵本の読み聞かせをしたりしてあげたいですね。タブレットやスマートフォンはブルーライトが強いのおやすみ前には避けて。お父さん、お母さんは寝落ちに注意です!

おすすめの商品はこちら!