~いつもの歯磨きにプラスケア~

「歯ブラシ」だけで口の中の歯垢を完全に除去するのは困難!

皆さんは、毎日歯ブラシを使って、歯の隅々まで丁寧に磨いていますか>厚生労働省の調査※1によると、毎日歯を磨く人の割合は約95%。ほとんどの人が毎日歯を磨いています。しかし、虫歯や歯周病の発症率は、依然高い状態が続いています。それはなぜでしょう?虫歯や歯周病の主な原因は歯垢なので、歯垢が残っていると、虫歯や歯周病になりやすくなります。

写真は歯ブラシだけで磨いたあとの歯に残った歯垢を染め出したものです。磨けているように見えても、歯と歯の間(歯間)に歯垢が残っていることがわかります。歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届きにくいので、歯ブラシだけでは口の中の歯垢を残さず落とすことはなかなかできません。

そこでおすすめするのが「歯間清掃用具」です。歯と歯の間の歯垢は、歯ブラシだけでは6割程度しか取り除けませんが、デンタルフロスや歯間ブラシといった歯間清掃用具を併せて使うことで9割程度まで歯垢を取り除くことができます。※2 歯間清掃用具を上手に使うことで、口の中の状態を清潔に保つようにしましょう。

※1 平成23年歯科疾患実態調査 ※2 山本ら 日本歯周病学会誌 1975

『デンタルフロス』と『歯間ブラシ』のどちらを使う?

◇デンタルフロス

デンタルフロスとは、歯と歯の間の隙間が狭い部分の清掃に適しています。大人から子供まで、すべての人に使ってほしいアイテムです。デンタルフロスには、大きく分けて、持ち手に糸が取り付けられているホルダータイプ(Y字タイプ、F字タイプ)と、必要な長さのフロスを切り取り、指に巻きつけて使用するロールタイプの2種類があります。初めての方には、フロスが挿入しにくい奥歯にも使いやすいY字タイプのデンタルフロスがおすすめです。

※ライオンのオーラルケアマイスターは生活情報を監修しております

◇歯間ブラシ

歯間ブラシとは、歯と歯の間の隙間が広い部分の清掃に適しています。歯間ブラシには、ハンドルの形状やブラシのサイズがいろいろありますが、使用する部位(歯間の広さ)に合わせた「サイズ選び」が大切です。目安は、歯と歯の隙間にスッと抵抗なく挿入できるサイズです。初めて使う場合は「小さいサイズ」から試すのが良いでしょう。

※ライオンのオーラルケアマイスターは生活情報を監修しております

そのほかの特集はこちら

バックナンバー

くらしに役立つ生活情報はこちら

この記事を作成・監修したマイスター 
LIONオーラルケアマイスター 平野正徳

当記事はライオン株式会社が作成・監修しています。

その他のおすすめ