キッチン収納のコツ

キッチン収納のコツ キッチン収納のコツ

必要な物がスムーズに取り出せてしまえる、快適なキッチンに。

「同じ調味料、また買ってきていませんか?」
使いたいときすぐわかる、スムーズに取り出せる快適キッチンを作りましょう。

【Point】
■コンロの近く?シンク周り?キッチンのどこで使うかに合わせて、収納場所を決めましょう。
■毎日使うのに、目線より高い場所にあったり、使う頻度は少ないのに、調理のゴールデンゾーンで場所をとっていたり… どれくらい頻繁に使うかを考慮して、収納場所を決めましょう。
■「朝ごはんセット」「コーヒーセット」など、シーンに合わせてグルーピング収納しましょう。
■重ねすぎは禁止!収納の縦ラインは、見やすさ取り出しやすさを第一に考えて収納しましょう。

キッチン収納 シンク下

高さはそこそこあるのに、配管があったりでなかなか効率用使いにくいシンク下。なんでもかんでもとりあえず置いて、 ムダな空間、作っていませんか?そのまま重ねず、まずは棚を利用して、タテの高さをしっかり使いましょう。

キッチン収納 引き出し収納

最近のシステムキッチンに多い、大型引き出し収納。「上から見る」タイプなので、寝かせずにとにかく「立てて」がポイントです。 大きな引き出しはボックスや仕切りを入れて、倒れにくいように、崩れにくいように。
ワンアクションで取り出せるのが理想です。

キッチン収納 コンロまわり

あまり物は置きたくない。でも少しのスペースでも有効活用したい。この『ちょっと』が置けるだけで、料理がぐんとラクになる。

キッチン収納 空間収納

ふきんにラップにキッチンペーパー、ポリ袋や調理道具など、出していきたい、すぐ手にとれるところに欲しい、 そんなものがキッチンにはたくさん!戸棚の下や冷蔵庫の横、突っ張り棚など、効率的に収納しましょう。

キッチン収納 食器棚収納

お皿、重ねすぎて取り出せなくなっていませんか?カトラリー、ごちゃごちゃになっていませんか? ケースや棚を活用して、取り出したいものが取り出しやすい食器棚に!

キッチン収納 冷蔵庫の中

取り出しにくい冷蔵庫の奥から、賞味期限切れのドレッシングが・・・なんて経験、ありませんか? 寝かせず、重ねず、取り出しやすいようにトレーやケースを使って!
TPOに合わせて『朝食セット(ジャム・バター・ヨーグルト)(納豆・のり・漬物)』など、カテゴライズしておくのも便利です。

キッチン収納 収納容器

タッパーなどの保存容器も、同じもので揃えておけば、使わないときは積み重ねてしまえるし、 冷蔵庫の中でもすっきり重ねられます。
サイズがもモジュール化された「片手で開け閉めできる容器」なら、引き出しの中でもパズルのように組み合わせできます。

キッチン収納 そのすき間に!

どうしてもできてしまう冷蔵庫やシステムキッチンの『すき間』。スリムタイプのストッカーならぴったりフィットするかも! 少しすき間も無駄なく、かしこく収納!

キッチン 食器棚

いろいろやってもしまいきれない・・・そんなときは食器棚を追加するのもありかも。 家族分の食器をしまうには、やっぱり食器棚。ワゴンタイプもチェック。

すっきり暮らそう!カインズの収納