押入れ収納のコツ

押入れ収納のコツ 押入れ収納のコツ

「奥」と「手前」の空間を意識して使いこなす。

押入れいっぱいに、ぎゅうぎゅうと詰めすぎるのはNGです!
空間の余白を残すことで、スムーズに出し入れできる収納を。

【Point】
■押入れが使いにくい理由、それは「奥行き」です!

■しっかりたっぷりあるように見える押入れですが、上下の仕切りがついているので、奥のスペースにモノが収めにくくありませんか? 押入れの上の段に登り下の段にかがんで入り込み、奥行きのある押入れスペースに余すところ無くモノを収めていませんか? いちど収めてしまうと「奥」と「手前」で、収めたモノの出し入れに苦労したり…ぎゅうぎゅうに収めすぎてしまうと、押入れは途端に使いづらくなってしまいます。

■キャスターを使ったり棚を入れたり、押入れ空間の使い方を意識しましょう。余白を残して、押入れの「奥」と「手前」でスムーズに出し入れをができるようにしておくことが、押入れ収納のコツです。

押入れ収納 ケースで収納

奥行のある押入れには押入れの奥行に合わせた収納ケースを!専用ケースなら押入れにもぴったり! また、大人気のキャリコなら、前後2列に使用して、入れ替えがけで衣替えもできます。

押入れ収納 伸縮ラックを活用

奥行と高さをしっかり活用したい押入れでは、伸縮ラックが便利!出し入れしにくい収納ケースもラックを使って取り出しやすく。

押入れ収納 キャスターを活用

取り出しにくい押入れには、キャスター付きラックを使用して、もっと便利に。

収納キャリー
1,280(税込)

押入れ収納 ハンガーを追加

ただただ広い押入れには、やっぱり『ひっかける』ところも欲しいもの。パイプハンガーや強力つっぱり棒を利用して、収納力をアップ!

押入れ収納 すのこが活躍します

湿気が気になる押入れに欠かせないすのこ。桐すのこだけでなく、樹脂タイプや、サイズの小さいものも。 押入れの側面に使うのもおすすめです。

すっきり暮らそう!カインズの収納