トップビジュアル (H2)

使用シーンに合わせて選べる豊富なラインアップ

■生垣や植込み、玉造りに、安全操作で思い通りの形に仕上げることができます。

画像

上の画像をクリック頂くと、拡大画像をご覧いただけます。

生垣・植込みの上手な刈り方(剪定)

■刃先を刈込み方向に対して少し下げ、ゆっくり送ると枝の高さが揃います。

画像

■側面を刈るときは、下から上に向かって刈るとキレイに仕上がります。

画像

■天面を一定の高さに揃えたいときは、タコ糸や水引き糸を水平に張り、それを目安に刈るとキレイに刈れます。

画像
画像

■背の高い植え込みを刈る時は、上の枝から刈ると刈込が済んだ箇所に刈り取った枝葉が落ちることなく、作業後の清掃が楽になります。
植込みは、日があたり生育の早い(上枝)を多く刈込み、日の当たりにくい下の方(下枝)は刈る量を少な目にしてください。

剪定時期

画像

※この表は一般平暖地の目安です。その他の地域では異なる場合があります。詳しくは専門書等の情報をご参照ください。

■サツキ・ツツジの剪定

ツツジ・サツキは夏に向けて伸びる枝先に花芽が分化し、翌年の花が準備されるので、花が咲き終わった後は、出来るだけ早く剪定しましょう。
夏以降に強く剪定すると、その枝に花芽がつきにくくになります。

ヘッジトリマーのメンテナンス

■使用後のお手入れ

  • ブレードは固めのブラシで表裏ともきれいに汚れを落とした後、機械油などの粘度の低い油を適量塗ってください。
  • 余った油はふき取ってください。
  • 汚れたまま放置すると、ブレードの動きが悪くなり、故障の原因になります。
  • 本体は、乾いた布・せっけん水をつけた布などでふき取り、汚れを落としてください。

■刃物の研磨

研磨は、ブレード側面と擦り合わせ面の角が丸くならないように注意してブレード側面、先端を研磨してください。
(擦り合わせ面は研磨しないでください)

研磨はヤスリで研磨する面を上から下方向へ撫でるように行ってください。
注)下から上へ研磨すると切れ味が低下するのでご注意ください。

画像

画像