カインズホームオンライン>カインズマルシェ>バイヤーの取材日記:静岡県浜松市三ヶ日町 青島みかんジュース

CAINZ MARCHE

バイヤーの取材日記

静岡県浜松市三ヶ日町 青島みかんジュース

2018年10月23日(火) 更新

イメージ1

カインズ一押しのきっかけ

静岡県浜松市三ヶ日町でみかんを栽培する陽だまりファームさんとカインズのお付き合いは、農業に使う資材をお買い上げ頂いたのが最初。その後、カインズマルシェができた事を知った陽だまりファームさんからお問い合わせをいただいてお取引がスタート。
カインズ浜松雄踏店のリニューアル時に陽だまりファームさんの加工品販売を開始。次第にお付き合いの幅が広がっていき、カインズ浜松都田テクノ店での販売も開始。カインズマルシェでは陽だまりファームさんで採れた果実を使った加工品を販売しています。
ギフトセットもカインズマルシェで販売できるようになりました。

イメージ2

地元での評判

陽だまりファームさんは「三ヶ日みかん」の栽培をしています。特に、みかんのシロップ漬けは大人気ですぐ売り切れてしまいます。SNSなどの情報発信にも力を入れており、全国各地のお客様に人気です。

イメージ3

生産者のこだわりと差別化ポイント

陽だまりファームで収穫されたみかんのみを使用。トレーサビリティ(生産履歴)もあるみかんを加工しています。生産から販売まで一貫して行うことで商品の魅力をお伝え出来ます。本物をお届けしたい。余分なものは混ぜない。味の調整ができないため、その年によって味が若干変わる、絞った時期によっても味が違う。そのままのみかんを味わってほしい。そんな生産者の思いが込められています。

イメージ4

おいしい理由は……

  1. 皮を手作業で一つ一つ剥いています。
    皮の油分が入らないことで、苦みがなく、とろみをしっかりと残すことができます。
  2. 一番美味しい時期に搾ります。
    青島みかんは収穫後、甘みが増すように木箱に入れて貯蔵します。甘みが最も強くなった頃の青島みかんをジュースにしています。
  3. 添加物・保存料・着色料・香料は一切使用していません。
    青島みかんを食べているかのような……“そのまま”の美味しさをお楽しみ頂けます。お子様から大人まで、どなたにも安心して飲んで頂けるよう作りました。贈り物としても喜ばれています♪

青島みかんとは?

サイズは普通の温州みかんより一回り大きめで、果実が平たく、味に独特のコクがあり、とても甘みが強いことが特徴です。

イメージ5

梅ドリンクは、 希釈なしで飲める30%うめ果汁入り飲料です。

小梅で作ることにより大梅よりエキス分がでやすくエキスの自体の色も違います。
収穫してきた小梅を洗浄し、品質の悪いものを取り除きグラニュー糖に漬け込み梅がじわじわ(エキスが抽出された状態)になり良い香りがしてきたら熱をかけ、ろ過します。
飲みきりサイズですっきり飲み易い味に仕上げました。

注意事項
・常温で保存してください。開封後は、冷蔵庫に保管しお早めにお召し上がりください。
・180mlサイズの瓶は開封前によく振って、ゆっくり蓋を開けてください。

カインズでは、地域密着の品ぞろえを心がけています。
「青島みかんジュース」の産地、静岡県のカインズ店舗はコチラ。

»静岡県の店舗一覧