カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:お茶の時間

trouveríe コラム

お茶の時間

2014年11月14日(金) 更新

イメージ1

立冬も過ぎ、温かい飲み物が恋しい季節。
自動販売機にも「hot」の飲み物が増えてきました。

温かい飲み物はいくつも思い浮かびますが、忙しい毎日の中で、この冬、あらためて「お茶」をゆっくり楽しむ時間を作ってみてはいかがでしょう。

イメージ2

お茶」といえば、「紅茶」や「日本茶」。
どちらも原料の茶樹は、同じ。茶葉の加工プロセスの違いによります。

日本茶」は、早い段階で加熱処理を施し、生茶の色を留め、抽出します。茶の色も淡いグリーンになります。別名「緑茶」と言われる所以です。

その「緑茶」に酵素を適度に働かせたのが「烏龍茶」。色はやや茶色になります。
もっと酵素を働かせると茶葉は、褐色に変化し、独特の香気を発するお茶になるのです。これが「紅茶」です。

イメージ3

北欧、フィンランドでは、親しい仲間や友人とお茶をしなから、ゆっくり、おしゃべりすることを「fika(フィーカ)」と言います。
fika」は、単に、言葉だけでなく、それが文化や風習にもなっています。

また、イギリスでは、同じように「afternoon tea(アフタヌーンティー)」や「high tea(ハイティー)」なども、文化・風習と言えます。

イメージ4

日本では、「茶道」と聞いて、思い浮かぶのが抹茶をたてる「茶の湯」ですが、「茶道」のように堅苦しくない、「煎茶」なら、気軽に日常生活に取り入れられますね。

美味しく入れるポイントは、

その1:
「茶葉」をたっぷり入れる。
その2:
沸騰したお湯ではなく、80℃位にしたお湯を、茶葉に当てないように注ぐこと。

この点は、どのお茶でも共通です。

イメージ5

ウンチクは、このくらいにして、美味しい「お茶」を自宅で楽しみませんか?

さ、そろそろ、お茶の時間です。
季節のスイーツとの相性もピッタリです。

trouveríeが、今回選んだのが、コチラ。
急須と湯呑、カップとポットをセットで揃えてみては。さ、美味しく、お茶をいただきましょう。