カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:動物と子供に勝てない

trouveríe コラム

動物と子供に勝てない

2015年10月30日(金) 更新

イメージ1

動物と子供に勝てない」。
どんな名優も、この2つには勝てないといわれます。
この2つは、映画もTVドラマも、ドキュメンタリーといった映像だけではなく小説でも感動を生みます。人の心の奥深くに、突き刺さるものがあるのだと思います。

子供の姿ももちろん感動するのですが、動物が自然界で見せる表情は、どんな演出家にもできないこと。
今週は、そんな動物のアニメと映画の話。

イメージ2

古くは「フランダースの犬」。
原作はイギリス人作家ウィーダが、ベルギー、アントワープ近郊を舞台に書いた児童文学なのですが、日本ではTVアニメの方が有名で、視聴率30%以上をとっています。

ネロとパトラッシュの亡くなるラストシーンは、この部分だけでもよく再放送されています。(ちなみにアニメのラストシーンは、原作とは違います)
調べてみるとこのアニメは、1975年1月から1年間にわたり放送されたものとのこと。シリーズでも再放送を何度もやっているので、見た方も多いと思います。

イメージ3

映画でも、多くの動物と人とのふれあいを描いたものが多く、犬でいえば「南極物語」や「ハチ公物語」などもありますが、個人的なオススメは「犬と私の10の約束」。

北海道が舞台のこの映画に、知り合いがエキストラで出ていたこともあり、ちょい役のその知り合いを見つけるために見たDVDで、思わず泣いてしまいました。笑。

犬を飼いたい人には、オススメな映画です。
出てくる犬の成長シーンが、実にいいです。

イメージ4イメージ5

洋画でのオススメは、やっぱり「DEEP BLUE」と「earth」。

大画面で見たい、ドキュメンタリー映画です。迫力ある動物の姿を生き生きととらえた映像は、カメラマンの努力の賜物と思います。仕事柄、どうしても舞台の裏側を見てしまい、本編よりも長期間の撮影にたゆまない努力をつぎ込んだ、カメラマンや制作スタッフに感動してしまった作品です。苦笑。

イメージ6イメージ7

そんな愛おしい動物たちを、毎日の暮らしの身近に。
trouveríeが、動物をモチーフにした、いろいろな商品を集めてみました。
かわい過ぎず、でも愛らしく、おとな女子をほっこり和ませてくれかわいらしいものたち。
キッチンやデスク周りで活躍する、ちょっとした小物はいかがでしょうか。
以前に紹介した「ミシェル」もアルパカ、ネコ、アヒル、ハリネズミの仲間を従えています。

忙しい毎日に、動物たちでほっとできる時間(とき)を。
trouveríeで見つかります。

trouveríeでは、デザインよく、なかなか見つけられない商品を、探してお届けします。
また、シリーズで探したいものもtrouveríeなら見つかります。
カインズ鶴ヶ島店のtrouveríeには取り扱いの無い商品もオンラインショップにはございます)

画像:WallSticker CAT LIFE 落ちそう

WallSticker CAT LIFE 落ちそう
オンライン限定

税込698

詳細・購入

画像:WallSticker CAT LIFE 伸び

WallSticker CAT LIFE 伸び
オンライン限定

税込698

詳細・購入

画像:WallSticker CAT LIFE 寝そべり

WallSticker CAT LIFE 寝そべり
オンライン限定

税込698

詳細・購入

画像:WallSticker CAT LIFE こっちおいで

WallSticker CAT LIFE こっちおいで
オンライン限定

税込698

詳細・購入

画像:WallSticker CAT LIFE ジャンプ

WallSticker CAT LIFE ジャンプ
オンライン限定

税込698

詳細・購入

画像:WallSticker CAT LIFE 鳥発見

WallSticker CAT LIFE 鳥発見
オンライン限定

税込698

詳細・購入