農業用・一般家庭用
防草・除草関連アイテム

イメージ

草むしりの負担を減らす
高密度防草シート

  • サンプルイメージ

  • 地面に敷くだけで雑草が生えてくるのを防ぐ防草シート。高密度防草シートは名前の通り高密度なので、通常の約2倍長持ち! しかも水はけがよい。

    メリットには、
    ●除草作業時間を大幅に短縮
    ●庭などから道路へ伸びてく雑草を抑えることで歩きやすくなり、見通しもよくなる
    ●砂利などの組み合わせで雨の日のぬかるみ対策ができる
    などがあります。

    防草シートを敷くとき必要な固定ピンや、併用すると効果のある除草剤、砂利なども一緒に揃えておきましょう。

    もっと見る

防草シートの敷き方(動画)

初心者でもできる防草シートの敷き方を動画でご紹介。

防草シートの貼り方

  • その1

    異物を除去、雑草は根まで処理し、凸凹な地面を平らに整地する。雑草が生える前がチャンス。

    異物を除去、雑草は根まで処理し、凸凹な地面を平らに整地する。雑草が生える前がチャンス。

  • その2

    防草シートを敷く。シートの重ね部分は10cm以上もうけると雑草がはみ出さずピン固定もラク。

    防草シートを敷く。シートの重ね部分は10cm以上もうけると雑草がはみ出さずピン固定もラク。

  • その3

    Uピン+押さえで防草シートを固定する。

    Uピン+押さえで防草シートを固定する。
    ・固定ピン(1m 間隔):20 本/10m
    ・中央列も固定する場合:25 本/10m

一般用防草シート

家まわりや畝の間の防草に。ハサミやカッターなどで簡単にカットできます。透水性がよく、雨が降った場合に防草シートの上部に水が溜まりにくくなり、水はけがいいです。

高密度防草シート

高密度で約4~5年の長持ち! しかも水はけもよい! 材質はポリプロピレン。表面に界面活性剤を塗布しています。通常の防草シートに比べると約2倍長持ち(当社比)、耐用年数4~5年。界面活性剤を塗布することで透水性が高く、雨が降った場合に防草シートの上部に水が溜まりにくくなり、水はけがよくなっています。重ねて張りピンを打つ位置の目安として、両サイドにグレーのラインを入れました。耐候性・透水性のバランスがよい防草シートです。

  • サンプルイメージ

  • 高密度防草シート ダークグリーン

    1×10m

    1×50m

防草シート

雑草ブロックシート

4層構造の特殊加工をした不織布で雑草を強力ブロック! 網目から雑草が突き出るのを防ぎます。防草シートより長持ちします。
※環境影響物質は含んでいません。

畦クロス

耐久性・防草効果に優れた高密度強力織物を使用。通路のぬかるみを防止し地面からの湿気を抑え、田畑の畦畔・法面におすすめです。20cm間隔にラインが入っており、鉢物等の配列に便利です。雑草の抑制により、カメムシ等の発生も抑制します。

グランドシート

高い遮光性で雑草を防ぎ、カビ・苔等の発生も防ぎます。作業環境を改善し、ハウス内や圃場を清潔に保ちます。通路のぬかるみを防止し地面からの湿気を抑えます。20cm間隔にラインが入っており、鉢物等の配列に便利です。カビや苔の発生を抑制する抗菌剤入り。

グランドシートS

高密度の高い遮光性で雑草の繁茂を防ぎます。作業環境を改善し、ハウス内や圃場を清潔に保ちます。通路のぬかるみを防止し地面からの湿気を抑えます。20cm間隔にラインが入っており、鉢物等の配列に便利です。

防草シート施工ピン

  • サンプルイメージ

  • 防草シートをしっかり固定し、シートの効果を高めます。抜けにくいUピンや硬い土にもしっかり打ち込めるスチール製ピンなどのシートピンをはじめ、ゴムハンマーや補修テープなど施工に必要な商品集めました。

施工ピンの種類

  • プラスチック製押えピン

    プラスチック製押えピン

    ほどよく太く、柔らかい土でのご使用がおすすめです。

  • Uピン(ピン部分スチール製)

    Uピン(ピン部分スチール製)

    2点で押さえることにより抜けにくくなり、様々な場所でご使用ができます。

  • 押え釘(ピン部分スチール製)

    押え釘(ピン部分スチール製)

    硬い土の地面でもしっかり打ち込むことができ、作業負担を軽減します。

砂・砂利

地面と砂利の間に防草シートを敷くことによって、雑草の発生も抑えられます。また、砂利が地面に埋没しにくくなり、雨の日でもぬかるみを気にせず歩けるようになります。砂利だけを敷く場合にくらべて、手入れがラクになり、長い間景観を維持できるなどメリットたくさん!

水で固まるマジカルサンドの施工方法

  • 1.下地を整え、敷く

    1.下地を整え、水で固まるマジカルサンドを敷く

    除草、除根をし、施工面を整えたあと※水で固まるマジカルサンドをコテやトンボを使い平らに下げます。
    ※軟弱な所はしっかりと固めてください

  • 2.散水

    2.散水

    ジョウロなどで表面が濡れる程度に散水します。1~1.5時間後にもう一度全体に染みわたるようにしっかり散水します。
    2回目にしっかりと水を撒くのがポイント!

  • 3.乾かし、完成

    3.乾かし、完成

    施工面を養生シートやビニールで覆い、夏季は1~2日、冬季は2~3日養生してください。
    取り壊す場合、ハンマーで簡単に壊れます。下に防草シートを敷くと、破片を集めやすく片づけも楽です。

草刈鎌

もっと見る

除草剤 液剤

即効性を求めるなら液剤タイプ。生えている草をすぐに枯れさせたい時におすすめです。

もっと見る

除草剤 粒剤

除草効果を持続させるには、おすすめです。雑草の根や種子まで枯らして、効果が持続します。効果発現(枯れ始め)は約1~2週間後です。

もっと見る

除草剤 希釈

広い農地や空き地などに大量に散布したい場合は、希釈タイプがおすすめです。薄めて使うのでコスパ抜群! しかし、雑草の種類に適した濃度にしなければ効果が出ない場合もあるので注意が必要です。

もっと見る

じょうろ・噴霧器

除草剤の散布に必須のじょうろと噴霧器。散布する広さに応じて、各種サイズをご用意しました。

もっと見る

草刈り機

もっと見る

除草・防草シート関連の
おすすめ特集