~快適部屋干しテクニック~

「部屋干し」のニオイの原因は「汚れ」と「菌」

洗濯物がきちんと乾かず、湿った状態が続いた衣類からはいやなニオイが発生します。それは、洗濯のときに落としきれなかったわずかな「汚れ」が化学的に変化したり、「菌」による作用を受けたりするのが原因です。ですから、菌の作用を抑えることで、いわゆる”部屋干し臭”の発生を抑えることが可能なのです。

部屋干しテクニック① 洗濯槽の中に菌を持ち込まないこと

洗濯前の衣類の菌が増殖しないように、洗濯物の保管場所に気をつけましょう。着用した衣類には、実は数多くの菌が付着しています。それを湿ったまま放置することで増殖します。通気性の良いカゴに入れ、バスタオルは吊るしておきましょう。さらに、洗濯物には衣類・布用の除菌・消臭スプレーをしてから保管するのが効果的です。

また、洗濯槽はフタを閉めておくと湿度が高くなり、菌が増殖しやすいため、「洗濯槽」への菌の侵入を防ぐことも大切です。定期的に洗濯槽クリーナーを使って清潔にしたり、日々のお洗濯では洗濯槽をケアする効果のある洗剤を使いましょう。

※ライオンのお洗濯マイスターは生活情報を監修しております

部屋干しテクニック② 洗濯槽や洗濯物に菌を残さないこと

部屋干しには、適した洗剤類の選び方があります。まず、「除菌・抗菌効果」のある洗剤を選ぶことが第一。それに加えて、「柔軟剤」と「液体酸素系漂白剤」を併用するとさらなる効果が期待できます。

洗う際のポイントは、「詰め込み洗いはしないこと」、そして「こまめに洗うこと」。部屋干しの際には、汚れをしっかり落とすことを意識しましょう。残り湯を使った場合でも、すすぎはきれいな水道水で行いましょう。

※ライオンのお洗濯マイスターは生活情報を監修しております

部屋干しテクニック③ 干しているときに菌を増やさないこと

さらに、洗濯物を干しているときに、菌が増殖しないようにするためには、できるだけ早く乾かすことが大事です。洗濯物を風の通り道に置いたり、洗濯物のあいだにこぶし大の間隔を開けることで風の通り道ができ、早く乾くことにつながります。

※ライオンのお洗濯マイスターは生活情報を監修しております

そのほかの特集はこちら

バックナンバー

くらしに役立つ生活情報はこちら

この記事を作成・監修したマイスター 
LIONお洗濯マイスター 片木徹也

当記事はライオン株式会社が作成・監修しています。

その他のおすすめ