再湿タイプ壁紙の貼り方 How To

用途

貼れる面 ベニヤ板、ツヤ消し塗装面、古いカベ紙をはがした面、シックイ壁、セッコウボード、コンクリート、モルタル
貼れない面 凹凸の激しい面、浴室内などの水のかかる場所、屋外、レンジまわりなど火の気のある壁面

貼り方の手順

  • 1 下地をきれいにする

    下地のホコリや汚れをきれいに拭き取ります。凹凸はカベ下地パテで補修して下さい。

  • 2 少し長めに切る

    必要な長さより上下ともに2〜3cm位余分に切ります。特に大きな柄は注意して下さい。

  • 3 のりをぬり、5分間待つ

    カベ紙の裏面にカベ紙のりバケでのりをムラなくぬります。紙が伸びるきるまで5分位おいて下さい。

  • 4 垂直線を引く

    カベ紙を直っすぐに貼っていくには糸にオモリをつけたものをさげ、垂直線をあらかじめ引いておきます。

  • 5 1枚目を貼る

    垂直線にあわせて1枚目を貼り、カベ紙おさえハケ等で中心より両側へ空気を押し出すようにして貼ります。シワになったらその部分まではがして貼り直します。

  • 6 コーナー仕上げ

    コーナー部分は、ヘラなどできめ込み、よく切れるカッターナイフで切り取ります。カッターナイフはまめに刃を折り、手前にねかせ気味に使うと良く切れます。

7 柄合わせ

●つきつけ貼り

1枚目に合わせて2枚目を貼る方法で、すき間ができた場合はその部分まではがして貼り直します。

●重ねつきつけ貼り

1枚目に重ねて貼る方法で、2枚目のカベ紙を1枚目のカベ紙に柄合わせをして重ねて貼り、その中央部にカッターナイフでまっすぐに切り、不要部分を取り除きます。



せんい壁・砂壁・土壁に貼るとき

  1. 砂壁のはがれ落ちを防ぐためにせんい壁・砂壁おさえをローラーバケでまんべんなく塗り下地を固めます。ボロボロとはがれ落ちる場合は、せんい壁・砂壁はがしですべてを取り除いてください。
  2. 下塗りが充分乾いてから(1〜2日後)、四隅(すみ)やつなぎ目の壁面に、カベ紙のりスーパーを塗り、下地おさえ紙を貼ってください。下地おさえ紙は凹凸のある壁面に、カベ紙との接着性を良くします。
  3. 裏面ののりだけでは接着力が不十分なため、裏面にスポンジなどで水をつけたあとカベ紙のりスーパーをさらにまんべんなく補強塗りをして貼ります。

下地の凹凸の程度により、カベ紙の表面に下地の凹凸が現れることがあります。
せんい壁などは凹凸が目立ちにくい厚みのある壁紙を選ばれることをおすすめします。

化粧合板・ツヤあり塗装面に貼る時

カベ紙がよくつくように化粧合板用サンダー、またはサンドペーパー(#180〜280)で表面を研磨します。
削りカスを充分ふき取ってから、カベ紙を貼ります。

使用する道具

  • おさえバケ
  • カット定規
  • おさえローラー
  • 竹ベラ
  • メジャー
  • カッターナイフ
  • ハサミ
  • 糸と5円玉などのおもり
  • ローラートレイ
  • ローラーバケ
  • カベ紙用のり

必要m数の目安

一般的トイレ 4.5畳 6畳 8畳
約 15m 約 25m 約 30m 約 35m

注意点

  • 換気をよくして作業を行ってください。
  • のりが手や衣服などについたら、すぐに水洗いするか拭き取ってください。
  • 万一のりが目や口に入った場合は、水で洗い流してください。
  • 作業終了後は手を水で洗い、クリームなどでのお手入れをしてください。
  • 用途以外に使用しないでください。
  • 製品の安全性には充分配慮していますが、体質・体調によっては体調に変化を及ぼすこともあります。化学物質過敏症の方、においに敏感な方、体調がすぐれない方は使用しないでください