期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>Liquor Column:今週の1本 - リャド・ジャミル ベニムティエ・ルージュ 2011

Liquor Column

今週の1本 - リャド・ジャミル ベニムティエ・ルージュ 2011

2015年7月8日(水) 更新

イメージ1

俳優で知性・品格・遊び心と三拍子揃った俳優として、TV番組出演多数。
さらには、日本ソムリエ協会名誉ソムリエの称号を持ち、数多くの海外ワイン騎士団の騎士号を贈られている、辰巳琢郎さんが、ご自身のワインTV番組でご紹介されたワインを、カインズリカーサイトで販売します。

今週は、6月28日(日)放送分のこのワイン。
リャド・ジャミル ベニムティエ・ルージュ 2011

イメージ2

このワインは、珍しい、北アフリカ・モロッコのワインです。

ワイン用のブドウ造りに適した気候は、豊富な日照量と昼夜の気温差があり、冷涼で、湿度が低いのに、適度な雨量があり、適度な乾燥もあること。

モロッコでは、日照量と、昼夜の気温差が激しいことから地域です。この気温差が、深い味わいを持つブドウが栽培され、良質なワイン造りが可能なのが特徴です。

イメージ3イメージ4

そのモロッコにおいて、ブドウ栽培のトップの会社は、「セリエ・ドゥ・メクネ社」。社長のBrahim Zniber氏は、モロッコの中央東部の農業の肥沃な台地の中心地で育ち、フランスのモンペリエで葡萄栽培を学んだ研究熱心な方。

モロッコでは初めて樫樽熟成のワインや、単一セパージュのワインを造りを始めた方です。情熱あふれるスタッフにより、高品質で個性的なワインが造り続けられ、モロッコ国内に7つの代理店をもち、フランス、イギリス、フィンランド、アメリカなどに輸出しています。

イメージ5イメージ6

今回ご紹介する「リャド・ジャミル ベニムティエ・ルージュ 2011」は、カリニャン種100%で作るワイン。

手摘みによる丁寧な収穫を行い、ステンレスタンクで温度管理を行い発酵させたもの。

香りは、果実味あふれるフルーティ。色は、黒褐色で、タンニンは強めの飲み口がしっかりした赤ワインです。
アルコール度数は、13.5%で、熟成を経て、今からが飲み頃を迎えます。

イメージ7

ジビエ料理や、モロッコ料理(クスクス、タジン)などモロッコ料理との相性はもちろん、スパイシーなお料理との相性がとてもよいワインです。
1999年インターナショナル・ワインチャレンジ金賞も受賞し、評価も高いワインです。

辰巳琢郎さんのワインTV番組では、ゲストのお一方にお選びいただきました。今飲むのにちょうどいいワインです。

(弊社専属ソムリエ 筆)

今週のお勧め商品は、こちら。