期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>Liquor Column:今週の1本 - コリント・ブリュット・スパークリング

Liquor Column

今週の1本 - コリント・ブリュット・スパークリング

2015年9月17日(木) 更新

イメージ1

知性・品格・遊び心と三拍子揃った俳優として、TV番組出演多数。
日本ソムリエ協会名誉ソムリエ、数々の海外ワイン騎士団の騎士号を贈られている辰巳琢郎さんが、自らのワインTV番組で紹介したワインを一挙販売します。

今週は9月6日(日)と13日(日)放送分のこのワイン。
コリント・ブリュット・スパークリング」です。

イメージ2

今回のゲストの作家が選んだのが、チリのソーヴィニヨンブランを使った、スパークリングワイン。

ソーヴィニヨンブランは、フランス原産の高級ブドウ品種のひとつです。とくに、フランスのボルドーやロワールで、重要な品種で、数々の銘醸ワイナリーが、ソーヴィニヨンブランを使った高級ワインを作っています。もともとは、フランスの品種ですが、最近は、いわゆる、ニューワールドと呼ばれる、ニュージーランドやチリでの栽培が盛んに行われています。

イメージ3

ソーヴィニヨンブランで造られたワインは、一般的に、果実味ある、すっきりとした爽やかな味わいのワインになります。

色は、明るい黄金色で、フレッシュ感のあるこのブドウ品種を使って、ニューワールドであるチリで造られたのが、このスパークリングワインです。

イメージ4

このワインは、有名ワイン専門雑誌で、五つ星ワインに評価されるなど、コストパフォーマンスの高いワインです。

チリの、マウレバレー地区のブドウを使っています。
マウレバレー地区は、地形・気候的に極めて変化に富んでいて、海岸に近いほど気候は温暖ですが、アンデス山脈へ近づくにつれて温度が下がり雨量が増えます。土壌も変化に富んでいて多様な気候が、高級なフランスワイン用品種に適しています。

イメージ5

色は、黄金色。
爽やかな泡と広がる外観、りんごやアーモンドの香りで、アタックは爽やかですが、まろやかな酸味が、すっきりとした後味を演出します。この価格では、のみ応えも十分にあります。

キリッと冷やして、食前酒としてオススメです。
ソーヴィニヨンブラン100%のスパークリングは珍しいので、安旨ワインの代表格として、ワイン好きの方へのお持たせとしてもよいと思います。

(当社専属ソムリエ記入)

今週のお勧め商品は、こちら。