期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>Liquor Column:今週の1本 - ニコラ・フィアット ブルーラベル

Liquor Column

今週の1本 - ニコラ・フィアット ブルーラベル

2015年10月16日(金) 更新

イメージ1

今週の1本は、フランスで一番売れてるシャンパーニュブランドの1本をご紹介します。

シャンパーニュ(champagne)とは、フランスの地方の名前です。この地方で作られる発泡性のワインで、AOC法で定められた製法で造られたものがシャンパーニュと表記してよいものになります。一般にシャンパンとも呼ばれていますが、正式にはシャンパーニュと表記するのが正しく、この地方以外で造られた瓶内二次発酵の発泡性のワインは、フランスでは、クレマン(Cremant)と呼ばれて区別されます。なお、発泡性ワイン全般のことをヴァン・ムスー(Vin Mousseux)といいます。

イメージ2

シャンパーニュを造るのは、3つのブドウ品種のみです。
白ブドウのシャルドネ、黒ブドウのピノ・ノワールピノ・ムニエです。

それぞれのシャンパーニュメゾンや作り手、あるいは商品ごとで、ブドウの混醸を変えて個性を出しています。

シャルドネ:
繊細のな味わいを醸し出します。シャルドネ100%のものを、ブラン・ド・ブラン(blanc de blanc)とも言います。
ピノ・ノワール:
骨格となる深い味わいを作ります。
ピノ・ムニエ:
果実味や丸みを与え、全体を整えます。黒ブドウのみで作られたものを、ブラン・ド・ノワール(blanc de noirs)とも言います。
イメージ3

シャンパーニュの製法は、以下のとおり。

1. 収穫
収穫の日にちはコミューン(組合)ごとに決まっています。
2. 圧搾
収穫してからブドウの扱いが細かく制定されています。
3. 一次発酵
多くはステンレスタンクで発酵。MLF発酵も。
4. アッサンブラージュ
味を決める重要な点。経験と熟練が必要。
5. 瓶内二次発酵
瓶の中での熟成。最低15ヶ月。
6. ルミアージュ(動瓶)
瓶の口に澱を集める手作業。
7. デゴルジュマン
澱を取り除く。
8. ドサージュ
減った分を加える「門出のリキュール」が個性を決める。
イメージ4

その中で、フランス国内で最大のセールス量を誇るのが「ニコラ・フィアット」ブランドのシャンパーニュです。

その歴史は、1970年にニコラ・フィアットがランスに12haのブドウ畑を獲得したことに始まります。
その後、シャンパーニュで最大規模のコミューン(組合)センターヴィニコールとの共同事業を成就させ合併し、大きく生産を拡大していきます。

その後、輸出を拡大、多くの航空会社の機内搭載シャンパーニュとしても選定され、2005年より連続でフランス国内販売1位になるほどの大きなシャンパーニュメゾンに成長しました。

イメージ5

そんなシャンパーニュの本場フランスから、フランス人に最も愛されるシャンパーニュが入荷しています。
様々な製品の中、もっともポピュラーなブルーラベルをご紹介します。

品種:
ピノ・ノワール40% シャルドネ20% ピノ・ムニエ40%
熟成期間:
最低3年以上

生き生きとした酸味とボリュームある果実味を併せ持つ現代的な味わい。幅広く様々な料理と合わせて楽しめるオールマイティな味わいのシャンパーニュ。
100から150のクリュ(ワイン)よりブレンドして使用しています。15~35%のリザーブワインを使用することで、ブリュット・レゼルヴのスタイルと品質を安定させています。

味わいはとてもエレガントですが、気軽さも兼ね備えていて普段飲みのワインとしてもオススメです。

(当社専属ソムリエ記入)

今週のお勧め商品は、こちら。