期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>Liquor Column:今週の1本 - モエ・エ・シャンドン アイスインペリアル

Liquor Column

今週の1本 - モエ・エ・シャンドン アイスインペリアル

2015年11月19日(木) 更新

イメージ1

2015年の今年も、残りあと6週間しかないとわかり、愕然としています。早いですね。ということで、これから数回にわけて、今年印象に残った酒について書いていきます。

まずは、1本目。
世界初の、氷を入れて楽しむ「モエ・エ・シャンドン アイスインペリアル」です。今年2015年夏に発売されたものです。

イメージ2イメージ3

「モエ・エ・シャンドン」は、ご存知の方も多いシャンパーニュを代表する銘柄。
日本はもとより世界でも、多く販売されているシャンパーニュのひとつです。
1743年に、シャンパーニュ地方エペルネで、クロード・モエにより創業された会社。彼のシャンパーニュは、その後、フランス王室の公式シャンパーニュとなります。
モエのシャンパーニュをセレブレーションのシンボルにするという意思は、孫のジャン・レミー・モエに引き継がれて、さらに王室では欠かせないものとなります。
その後、シャンドン家との婚姻を経て「モエ・エ・シャンドン」となるのです。

イメージ4

1868年、モエ家と旧知の仲だったナポレオン1世は、ジャン・レミー・モエの元を何度も訪れ、そのたびにシャンパーニュで勝利を祝っていました。親交の証として、誕生以来人気だったメゾンの旗艦商品に「アンペリアル=皇帝」の名前を冠しました。

それが、現在の「モエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル」です。現在もモエ・エ・シャンドン社の旗艦商品になっています。

»商品購入はこちら(期間限定値下中!)

イメージ5

その後、フランスの香水クリスチャンディオールの買収、さらに、コニャックの製造大手、ヘネシー社との合併、ルイ・ヴィトン グループへの参入など、世界的なラグジュアリーブランドとして確立していくのです。 その会社が、今年出したものが世界初の氷を入れて楽しむシャンパーニュ。マンゴーやグアバなど力強いトロピカルフルーツの香りに、ふくよかなネクタリンやラズベリー、そしてほのかなショウガの風味も感じるシャンパーニュです。

果実の凝縮感、ふくよかさ、そしてフレッシュさが絶妙なバランスで、オンザロックで楽しむ味わいを造りだしています。

イメージ6

ブドウ:ピノ・ノワール 40~50%
ムニエ 30%~40%
シャルドネ 10%~20%
熟成期間:セラーでの熟成期間 18ヵ月
ドザージュ: 45g / L

demi-sec(シャンパーニュでは、やや甘口)の表示どおり、どちらかといえば食事中よりは、食前に楽しむシャンパーニュ。これからの季節だと、暖かい部屋で氷を浮かべてキラキラ感と冷たさを味わいたいシャンパーニュですね。

今週のお勧め商品は、こちら。