期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>Liquor Column:今週の1本 - シーバスリーガル12年 700ml

Liquor Column

今週の1本 - シーバスリーガル12年 700ml

2016年1月29日(金) 更新

イメージ1

今週は、久々にスコッチウィスキーをご紹介します。
現在、世界200以上の国と地域で販売されており、その芳醇でまろやかな味と香りは芸術的なブレンディング技術によって代々受け継がれている逸品です。

シーバスリーガル12年 700ml」は世界でもっとも売れている、ブレンデッドウィスキーのひとつと言われています。

イメージ2

そもそもブレンデッドウィスキーとは、モルトウィスキーグレーンウィスキーの両方を含んでいなければならないと、法律で定められています。

モルトウィスキーとは、大麦麦芽(モルト)のみを原料とし、一般的に単式蒸留釜で2回(ないし3回)蒸留する、少量生産に適した伝統的な製法によって造られたウィスキーのことです。
グレーンウィスキーとは、トウモロコシ、ライ麦、小麦などの穀物(grain)を主原料に、大麦麦芽を加えて糖化・発酵させたウィスキーのことを言います。

イメージ3

この2つをブレンドする卓越した技術が、ブレンデッドウィスキーを造るのに欠かせません。
優れたブレンディングの技術は、選別したモルトとグレーンウィスキーの個性やフレーバーを調和させ、最高品質のブレンデッドウィスキーを創りあげます。
当然のことながら、ブレンドにはマスターブレンダーの繊細な鼻(ノーズ)と、スコッチウィスキーにおける長年の経験が必要となってきます。
現在のマスターブレンダーは、コリン・スコット氏。彼は三代にわたってウィスキーづくりにたずさわる家系に生まれ、オークニー蒸留所の中で育ちました。
その彼がウィスキーの世界に関わることは、まさに運命だったのかもしれません。

イメージ4

シーバスリーガルの一滴一滴、核となるモルトは、シーバスの魂の故郷、ストラスアイラ蒸溜所で作られています。
この美しい蒸留所が最初に建てられたのは1786年。設立当初より、優美な双頭のパゴダ(塔屋根)、玉石が敷き詰められた中庭から、ここで作られる豊潤なモルトに至るまで、変わったものはほとんどありません。
スペイ川流域の谷間に広く寄り添う平原、スペイサイドは、美しい自然にあふれる場所。
その地域特有の気候、天然の湧き水、新鮮な空気、起伏ある地形が、シーバスリーガルの贅沢な味わいの核となる、なめらかで豊潤、まろやかなシングルモルトを作りだしているのです。

イメージ5

香り
ハーブ、蜂蜜、果物の香り。

味わい
バニラとヘーゼルナッツの風味と共に、熟したりんごと蜂蜜の味わいが広がるクリーミーでまろやかな舌触り。

フィニッシュ
長く柔らかな余韻。

ロックでもストレートでもよいですが、オススメはソーダ割。
昔は手を出しにくかった価格もずいぶんと安くなりましたので、ちょっと余裕のある週末に楽しみたいソーダ割です。

(当社専属ソムリエ記入)

今週のお勧め商品は、こちら。