期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>Liquor Column:今週の1本 - トゥー・ハンズ・ワインズ ザ・ボーイ リースリング 750ml

Liquor Column

今週の1本 - トゥー・ハンズ・ワインズ ザ・ボーイ リースリング 750ml

2016年3月23日(水) 更新

イメージ1

知性・品格・遊び心と三拍子揃った俳優として、TV番組出演多数。
日本ソムリエ協会名誉ソムリエ、数々の海外ワイン騎士団の騎士号を贈られている辰巳琢郎さんが、自らのワインTV番組で紹介したワインを一挙販売します。

今週は、シンガーソングライターの嘉門達夫さんが選んだ、今飲みたいワイン。 「トゥー・ハンズ・ワインズ ザ・ボーイ リースリング 750ml」です。 樹齢100年以上の古木から採れた、オーストラリア産のリースリング種のブドウから造られています。

イメージ2

今回のゲスト、シンガーソングライターの嘉門達夫さんは、言葉の魔術師と呼ばれるほど、言葉をたくみに操って独特の曲や替え歌で有名な方。

スタジオ収録でも、いろいろな歌を自らギターを弾きながら披露していただきました。 そんな嘉門さんが選んだのが、ドイツではなく、南半球のオーストラリア産のリースリングというのも、なんだかうなずけます。

イメージ3

このワインを造ったのは、オーストラリアの「TWO HANDS WINES社」。 マイケル・トゥエルフツリー氏とリチャード・ミンツ氏により、オーストラリアで最高のシラーズベースのワインを造ることを目的に、1999年9月4日設立されたのがはじまり。 設立当初、まず「世界が何を求めているか」を考えたそうです。 そこで、TWO HANDS WINES社が出した答えは「絶対的品質」。 TWO HANDSは企業理念として「妥協なき品質“Quality Without Compromise"」を掲げ、最高品質のワインを造るための挑戦を続けているのだそうです。

イメージ4

このワイナリーのラインナップの中に「THE BOY」と名づけられたリースリング種のワインがあります。イラストがラベルに冠されているシリーズのひとつです。

平均年齢100年以上のブドウの樹から、手摘にて丁寧に収穫されたブドウを用い、その醸造方法は、柔らかにプレスされた果汁をステンレスタンクにて約8ヶ月間発酵、さらにその後、澱とともにに7ヵ月漬け、シュール・リーを行います。

イメージ5

ぶどう品種:
リースリング種100%
種類:
スティルワイン
色:
味わい:
辛口
飲み頃温度:
10~12℃
アルコール度数:
11.5%
栓:
スクリュー

このワインに合う料理としては、ザワークラウトを添えた白いソーセージ、アップルソースを添えたロースト・ポークなど、ドイツ風料理が合わせやすいと思います。
白ですがしっかりした味わいなので、魚料理よりは肉料理にあわせたい、コストパフォーマンスに優れたワインです。

(当社専属ソムリエ記入)

今週のお勧め商品は、こちら。