期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>Liquor Column:今週の1本 - アスコニ エクセプショナル メルロ 2012 750ml

Liquor Column

今週の1本 - アスコニ エクセプショナル メルロ 2012 750ml

2016年5月18日(水) 更新

イメージ1

知性・品格・遊び心と三拍子揃った俳優として、TV番組出演多数。
日本ソムリエ協会名誉ソムリエ、数々の海外ワイン騎士団の騎士号を贈られている辰巳琢郎さんが、自らのワインTV番組で紹介したワインを一挙販売します。

今週は、二胡奏者のチェン ミンさんが、選んだ「チェンミンっぽい」ワイン「アスコニ エクセプショナル メルロ 2012」です。

イメージ2

「アスコニ エクセプショナル メルロ 2012」はワインとしては珍しい、モルドバ共和国のワインです。
モルドバ共和国は東欧の1国で、ルーマニア、ウクライナと国境を接している国で、旧ソビエト連邦のうちの1つです。モルドバ共和国では、古くからワイン用のブドウがつくられており、ワイン製造においてもヨーロッパで歴史ある国のひとつです。

イメージ3

古くは1878年のパリ万国博覧会に出品されたモルドバワインが世界的に評価を得て、英国王室御用達になったワインもあります。
当時のモルダヴィア公国はその後、モルダビア・ソビエト社会主義共和国としてソビエト連邦に加盟、1991年にモルドバ共和国として独立しています。そのあたりから、再び世界的な評価が高まってきたワインともいえます。若い製造者が積極的にフランスやイタリア、ドイツといったワイン産地の製造者と交流を深め、近代的な技術を導入し始めたからです。
最大の特徴は、なんと言っても土壌。いわゆるチェルノーゼム(黒土)地域に広がる肥沃なブドウ栽培地から良質なワインが製造されます。

イメージ4

今回ご紹介するワイナリーのアスコニは、モルドバの首都キシナウの南東35kmに位置する、プホイ村(Puhoi)にあります。 モルドバのワイン生産地としては中部コドル地区に位置します。

アスコニの創業は、ソ連崩壊後の1994年。現在は506ヘクタールを所有し、全て自社畑より収穫した高級ワイン用ブドウでワインを造ります。カベルネ、メルロー、シャルドネなどの国際品種の他、サペラヴィやフェテアスカ・ネアグラなどの地元の伝統品種も栽培しています。

イメージ5

容量:
750ml
原産国:
モルドバ
産地:
コドル地区
色:
赤ワイン(非発泡)
飲み口:
やや重口 辛口
ブドウ品種:
メルロー100%
アルコール度数:
13.0

手摘みで状態の良いブドウを選別し、ハンガリアン、フレンチ、アメリカンオークの樽で熟成させたメルローをブレンドして造られています。しっかりとリッチな味わいながら大きなボディになり過ぎず、樽のニュアンスも絶妙で果実の美味しさを上手にサポートしています。タンニンも滑らか。食事と共に気軽に楽しめる、上品な赤ワインです。

コストパフォーマンスに優れているだけでなく、貴重な東欧ワインということもあって、ワイン好きの方へのお持たせとしても喜ばれそうな一品です。

(当社専属ソムリエ記入)

今週のお勧め商品は、こちら。