期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>辰巳琢郎セレクション:デヴィルズ・コーナー・ソーヴィニヨン・ブラン S16

Liquor Column

デヴィルズ・コーナー・ソーヴィニヨン・ブラン S16

2018年1月25日(木) 更新

イメージ1

知性・品格・遊び心と三拍子揃った女優として、TV番組出演多数。
日本ソムリエ協会名誉ソムリエ、数々の海外ワイン騎士団の騎士号を贈られている辰巳琢郎さんが、自らのワインTV番組で紹介したワインを一挙販売します。

今回は、小笠原流礼法宗家 小笠原敬承斎さんが選んだ「今飲みワイン」、「デヴィルズ・コーナー・ソーヴィニヨン・ブラン S16」をご紹介します。

イメージ2

オーストラリアは、多くの秀逸なワインを産む、ニューワールド(新世界)ワインの代表です。経済の中心、シドニーのあるニューサウスウェールズ州や、メルボルンのある、ヴィクトリア州など、多くのブドウ産地があります。今回お選びいただいた「デヴィルズ・コーナー・ソーヴィニヨン・ブラン S16」は、タスマニア州のワイン。 タスマニア州は、オーストラリア大陸とは離れた、タスマニア島です。

イメージ3

タスマニア島のブドウ畑は北部と南東部の海岸沿いに限られています。冷涼で海洋の影響を強く受けるため、春には霜や強風が多く、畑の区画の設定やブドウの樹の剪定のタイミングが慎重に求められる産地です。 南東部は大きな山脈に囲まれているため、南極海からの冷たい気候が遮られ、ブドウは完熟を遂げ、熟度の高い優れたワインが造られます。タスマニアで造られる品種は、とりわけ酸が豊富で、デリケートな味わいのワインが造られます。 北部の畑にはスパークリング向けのブドウが多く植えられています。 ワイン生産者の数は現在250近くありますが、そのほとんどは小規模ワイナリーで、多くがプレミアムワインに特化しています。

イメージ4

デヴィルズ・コーナーはカイエナ・ヴィンヤードの近く、テイマー川が直角に曲がる難所の名前です。ここを過ぎると温暖で肥沃なテイマー・ヴァレーに入りますが、水の流れが複雑にぶつかり合い、昔は船がよく遭難したため、このように呼ばれ、恐れられていました。

澄んだ空気と清らかな自然がそのまま残るタスマニアにあるこのワイナリーのワインは、フレッシュで、活力のある果実味が強調され、冷涼気候の特徴が表現されたリースリング、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランが造られています。

イメージ5

生産国:
オーストラリア
タイプ:
白 辛口
ブドウ品種:
ソーヴィニヨンブラン97% シャルドネ3%
アルコール度数:
13度
色:
輝きのあるレモンイエロー
香り:
さわやかなハーブの中にも、パッションフルーツや柑橘類の果実の香りが豊かに感じられる。
味わい:
アタックは、果実の甘味を感じますが、その後、豊かな酸が感じられます。フレッシュでバランスもよい。キリッと冷やして飲みたいワインです。

(当社専属ソムリエ記入)

今週のお勧め商品は、こちら。