期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>くらから便 日本酒編:金井酒造店

くらから便 日本酒編

金井酒造店

神奈川県 秦野市

2016年7月15日(金) 更新

イメージ1イメージ2
イメージ3

神奈川県、秦野市。
明治元年(1868年)創業。秦野市内で唯一の造り酒屋である「金井酒造店」は酒蔵にモーツァルトの名曲を流す独特の醸造方法を取り入れています。毎年11月には、銘酒「モーツァルト」にちなんだクラシックコンサートを開催し、音楽醸造蔵として古くからの伝統を現代に生かした酒造りに挑戦している蔵元です。

イメージ4イメージ5

こうじ室には、四方にスピーカーが設置してあり、モーツァルトが流れています。こうじ菌に音楽の振動を与えることにより、発酵を促す効果があるとの事。音楽を聴かせると「まろやかで角が取れた味」に仕上がるようです。
蔵の施設全体でも音楽が流れており、ゆったりと落ち着ける空間です。こうじ菌も人間と同じ生き物、このリラックスできる環境が酒にも良い影響を与えているのですね。

イメージ6イメージ7

金井酒造店さんを代表する銘柄として白笹鼓(しろささつづみ)があります。
関東三大稲荷の一つで商売繁盛の神様である「白笹稲荷神社」より名付けられたこの銘酒は、「全国名水百選」の丹沢秦野の伏流水で仕込まれ、お米の特徴を十分に生かしたまろやかで旨味のあるお酒です。

秦野の水は、「名水百選」選抜総選挙「おいしさ」部門第1位を取った実績があるとてもおいしい水なんです!
秦野市役所公式ホームページにもしっかりと紹介されてます。

» 秦野市役所公式ホームページ

イメージ8

上槽(しぼり)では、一つの仕込みを1日で搾ってしまうアコーディオン式(薮田式)のほかに、「槽(フネ)」(佐瀬式)と呼ばれる人手を必要とする旧来の機械も使用しています。

「槽(フネ)」でのしぼりは、丸2日間の時間と人手がかかりますが、1日目に搾るお酒は、2日目のものより味が良く、またガスの抜けもアコーディオン式のものより勝るとの事。大吟醸や純米吟醸は、この「槽(フネ)のしぼりを使用しています。大量生産に流されず、手作りの味を大切にし、味わい深い酒造りを目指しています。

イメージ9イメージ10

今回、蔵をご案内いただいた佐野専務です。地元の人に誇りを持ってもらえるお酒を造ることが目標をしているということです。
「地元のお酒だから飲むのでなく、おいしいから選んでもらう。私達の一番のうれしさは、お客様の喜ぶ顔を見ることです。美味しいお酒を造る為にチャレンジ精神を持って一生懸命考え、日々の酒造りに励んでいます。」

今回のお勧めの清酒4品をご紹介いたします。