期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>くらから便 日本酒編:佐藤酒造店

くらから便 日本酒編

佐藤酒造店

埼玉県 越生市

2016年8月4日(木) 更新

イメージ1イメージ2
イメージ3

埼玉県、越生市。
都心から電車で1時間ほどのところに位置する埼玉県の越生町は、「ハイキングのまち」として豊かな自然と数多くの名勝地、歴史的文化遺産に恵まれた町です。
その越生町で唯一の酒蔵である佐藤酒造店さんを訪問しました。
創業は1844年と老舗酒造ですが、若き女性杜氏を筆頭に蔵人全員が20代と若い世代で酒造りをする蔵です。
フレッシュな感性で新しい酒造りにチャレンジする注目の蔵です。

イメージ4

仕込み水は、日本関東百選に選ばれてる「黒山三滝」を源とする清冽な地下水を使用しています。
軟水で酒造りに適しています。

イメージ5イメージ6

蔵の施設です。2015年に蔵を新設。
新しくなっていますが、梁は一部昔のままに使われています。
ゴミひとつ落ちてなく、非常に綺麗に管理されています。

施設内に井戸があり、仕込みから瓶詰めに至る作業導線がコンパクトにまとまっています。酒造りは、微妙な変化で酒質が大きく変わるもの。清潔で、かつ効率的な作業場であることが、安定した品質に繋がります。

イメージ7

貯蔵タンクも新調してます。良く見ると、タンクの穴の位置が端に寄っていますね。この位置にすることで櫂入れ(かいいれ)など、作業をする際に役立っています。

長い櫂棒を扱うのは女性に取っては重労働の酒造りです。より良いお酒を造る為に、この様な工夫が作業場の随所に見られます。

イメージ8イメージ9

清酒と並ぶ佐藤酒造店の代表酒として梅酒があります。
梅酒と書いて「うめざけ」と呼ぶ……純米原酒仕込みの梅酒は、全国新酒コンクールにおいて新開発部門(梅酒)で第1位を受賞!

越生町は、水戸の偕楽園、群馬の秋間梅林と並んで関東三大梅林のひとつに数えられる「越生梅林」がある梅の産地です。梅のさわやかな酸味と米の旨みを十分に引き出した日本酒ベースのうめざけは、リピーターも多い商品のひとつです。

イメージ10イメージ11

今回、蔵をご案内いただいた杜氏の佐藤麻里子さんです。
可愛らしい笑顔からは想像できないほど酒の知識に精通した方です。
「目指すお酒は、伝統を守りつつふくらみがあり後味の軽いお酒です。きめ細かく丁寧な酒造りを心掛けている為、あえて人の手と目の行き届く製造量に絞って酒造りを行っています。」

若き女性杜氏が醸す、新しい感性を加えた酒造りに大いに期待します!

今回のお勧めの清酒4品をご紹介いたします。

画像:佐藤酒造店 越生梅林 純米酒 720ml
佐藤酒造店 越生梅林 純米酒 720ml

税込1,180

こちらの商品は販売終了しました。

画像:佐藤酒造店 越生梅林 純米吟醸 720ml
佐藤酒造店 越生梅林 純米吟醸 720ml

税込1,480

こちらの商品は販売終了しました。