期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>くらから便 日本酒編:明利酒類

くらから便 日本酒編

明利酒類

茨城県 水戸市

2016年11月10日(木) 更新

イメージ1イメージ2

茨城県、水戸市。
明利酒類は、江戸時代末期の安政年間から続く、水戸を代表する清酒蔵です。
現在は清酒の他にも、焼酎、梅酒、発酵調味料などを造る総合酒類メーカーとして世界へ向けて輸出も行っています。

イメージ3

仕込み水は、那珂水系を源流とした軟水です。
隣町には「酒門町(さかどちょう)」と呼ばれる地名がありますが、「良質な水から美味しいお酒が造られる地域」として地名の由来となっているそうです。
施設内には、湧水がでており自由に飲むことができます。

イメージ4

明利酒類を語る上で欠かせないのが、酵母の存在です。
酵母は、酒質を大きく左右する大事な存在です。

明利酒類が開発した「協会10号酵母(小川酵母)」「M310酵母」は、全国新酒鑑評会においても金賞を多数受賞するなど、全国250軒の蔵から幅広く使用されています。
口止めされたので詳細はお伝え出来ませんが、中にはプレミアム清酒の銘柄も多数あり驚きました!
代表銘柄の「副将軍」「水府自慢」にも当然、使用されています。

イメージ5イメージ6
イメージ7

蔵施設は「高品質の製品をお届けすること」を基本方針に平成23年(2011年)、品質管理マネジメントに関する国際規格ISO9001」の認証を取得、維持しています。

機械設備においても標準より何倍もの能力をもった「濾過機」や「火入れ酒の急冷装置」を設置するなど、更なる品質向上を求めた蔵のこだわりも見られます。

イメージ8イメージ9
イメージ10

明利酒類が自慢するもう一つのブランド酒があります。それが本格梅酒「百年梅酒」です。
冷暗貯蔵庫では、百年梅酒の原酒貯蔵タンクがズラッと一面に広がっており、その光景は圧巻です!

今回、ご紹介する百年梅酒プレミアムは、2016年「梅酒全国制覇利き酒大会」においてなんと優勝!
この大会は、一般の梅酒好きの方による投票で純粋に美味しさを競う大会です。
この大会で優勝することは、顧客が日本で一番美味しい梅酒と認めた証なのです。

イメージ11イメージ12

併設されている「別春館」では、お酒の試飲とお買い物ができます。
また、蔵の歴史や祖先から伝わる酒造りの道具を見学することができます。
明利酒類は水戸の偕楽園の近くにあるので、偕楽園やお近くにお越しの際には是非一度、明利酒類に立ち寄ってみることをおすすめします!

今回のお勧めのお酒4品をご紹介いたします。