期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>くらから便 日本酒編:賀茂鶴酒造

くらから便 日本酒編

賀茂鶴酒造

広島県 東広島市西条

2017年3月2日(木) 更新

イメージ1イメージ2
イメージ3

広島県、東広島市西条。
広島を代表する蔵元・賀茂鶴酒造。
明治時代から先進的精米技術をとりいれ、大吟醸酒造りの先駆けとなった蔵元です。
賀茂鶴は、オバマ前大統領と安倍首相が会食した際に使用された清酒としても有名ですね。
数年前には皇太子殿下もお訪ねになられたことがあるそうです。

イメージ4

品質第一主義」を掲げる賀茂鶴酒造は、酒造りの原材料となるお米に責任を持つため、すべて自社で精米した白米を使用しています。
また、粒の大きい米を採用する為にふるいにかけるメッシュ穴をあえて大きくしているそうです。

イメージ5イメージ6
イメージ7

見事に掃除が行き届いてチリひとつ落ちていません。
新入社員は、まず掃除をさせることから始めます。
微生物を扱う商売なので、蔵を清潔に保ち続けることが最も大事な作業であることをわかってもらう為です。
綺麗な蔵は我々の誇りです」と語ってくれました。

イメージ8イメージ9

仕込み水は、賀茂山系から地中でゆっくりと15年程かけて磨かれた伏流水を使用してます。
適度なミネラル分を含んだ水は、酒造りには最良の水となるそうです。

酒の味の決め手は、麹(こうじ)造りですが、データ通りにはいきません。
その為、麹造りの最中は温度や状態を確認するため、夜中も2時間に1回くらいは起きて麹菌の成長具合を見にいくそうです。
手間を惜しまず良いお酒造りに取り組む姿勢が美酒を生み出すのですね!

イメージ10イメージ11

今回、蔵をご案内いただいた沖永杜氏(左)と営業部の太田さん(右)です。
いろんな方が日本酒を飲んでその美味しさを実感していただき、日本酒ファンの裾野を広げたい
その思いから若い方や女性が日本酒を飲むきっかけになるような、新しい酒質のお酒造りにもチャレンジしています。
賀茂鶴は味わいがあってキレがよくて飲みあきない、深い旨みのある酒をこれからもずっと追求していきます。

今回のお勧めの清酒セットをご紹介いたします。