期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズオンライン>カインズリカー>くらから便 日本酒編:鶴見酒造

くらから便 日本酒編

鶴見酒造

愛知県 津島市

2017年10月18日(水) 更新

イメージ1イメージ2

愛知県、津島市。
戦国時代の三英傑の1人といえば、織田信長。
その信長生誕の地と言われる勝幡(しょばた)の隣市である津島市は、木曽三川を渡って尾張と伊勢を結ぶ要所として栄えた鎌倉時代から続く歴史ある地です。
鶴見酒造はここ津島に、1873年(明治6年)創業しました。
日本酒以外にもビール、リキュールなど8つの酒造免許を持つ総合酒類製造メーカーです。

イメージ3イメージ4
イメージ5

仕込み水はなめらかな舌触りを表現するために、信濃の大自然を流れる木曽川の伏流水を使用しています。酒の仕込みに最も適した厳冬期に低温発酵させ、じっくりと時間をかけてお酒を醸しています。
鶴見酒造では、米に乳酸発酵をさせて、その乳酸を使用してアルコール発酵をする「山廃酒母仕込み」にこだわっています。
「山廃酒母」は、仕込みに約5週間と長い時間を要し、その間の管理は微妙で手間がかかります。
それだけにできあがった酒はアミノ酸も多く、濃醇な旨味のある納得のいく酒に仕上がるのだそうです。
愛知と言えば、味噌煮込み、味噌カツなど代表されるようにご当地グルメは濃い味付けですよね。
味がしっかりとした料理にも合う、そんなお酒を造っています。

イメージ6

鶴見酒造は海外への輸出も積極的で、中国・シンガポール・イタリアなど、各国にお酒を輸出しています。
写真は、「SUSHI SAKE 神鶴」ブランドです。
日本人から見たらかなりベタなネーミングですが、海外では非常に高い評価を受けているのだそうです。日本食の魅力を存分に引出すお酒なんですね。
GUCCI ジャガーのパーティが開催されるリゾートレストラン、「静安シャングリ・ラ 上海」や「上海ハイヤット ホテル」の高級ホテルで採用、またセントレア空港免税店では通常販売されています。

イメージ7イメージ8
イメージ9

総合酒類製造メーカーとあって、清酒以外にも多様なタンクや貯蔵施設を見学できました。
岐阜県南西部から愛知県北西部と三重県北部の一部にかけて広がる濃尾平野は、土地が肥沃で農作物が盛んな地域です。
現在は、地元特産品タイアップとしてこの地域で採れた野菜や果実を使ったリキュール造りにも積極的に取り組んでいるとのこと。

ご紹介している「神鶴 愛知県特産いちじくワイン 720ml」もその一つです。
いちじくの国内生産量は、愛知県が国内トップです。 愛知の大地で育った体に嬉しいいちじくは、女性を中心に販売数が伸びているそうです。

イメージ10

今回、蔵をご案内いただいた鶴見社長(左)と営業部の神戸さん(右)です。
手作りによる製造の良さを守りつつ、近代的な品質管理を調和させ、米の旨味を充分に生かしたコクのある、より良い日本酒の開発に取組んでいます。
鶴見社長は「酒の本質で勝負したいと思っているんです。 見た目や小手先の切り口でお酒を売っても長く愛されないと思っています。
だからうちの蔵では、日常にお楽しみいただけるお値打ち価格のお酒にも、糖や酸味料を使わずに大吟醸と同じ酵母を使用しています。」とのことです。

品質重視で酒造りに取り組む姿勢を見ていると、海外で高い評価を受けているのもうなずけますね。クールジャパンブランドとして鶴見酒造さんのお酒が世界中で飲まれることを期待しています!

今回のお勧めの清酒セットをご紹介いたします。

画像:神鶴 大吟醸・入魂 720ml
神鶴 大吟醸・入魂 720ml

税込2,680

こちらの商品は販売終了しました。

画像:神鶴 吟醸・尾張津島天王祭 朝祭りラベル720ml
神鶴 吟醸・尾張津島天王祭 朝祭りラベル720ml

税込1,180

こちらの商品は販売終了しました。