期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>カインズマルシェ>バイヤーの取材日記:神奈川県三浦市 メロン

CAINZ MARCHE

バイヤーの取材日記

神奈川県三浦市 メロン

2016年6月27日(月) 更新

イメージ1

今年の関東地方は、渇水対策が必要かと思われるほど雨が少ないですね。雨が少ないことが、フルーツの収穫にも影響を与えています。

今回ご紹介する、神奈川県三浦市のメロンもそのひとつ。大きな雨の被害もなく、順調に成長しています。
そこで、カインズマルシェでは一足お先に販売を開始します。

イメージ2

このメロンの生産者は、神奈川県三浦市南下浦町の蛭田さん。海水浴で有名な三浦海岸からすぐの高台の上に広がる畑で、何代にもわたってスイカや野菜を栽培しています。

メロンを作り始めたのは数年前。試行錯誤を繰り返しながらも、次第に「蛭田スタイル」のメロンの栽培を成し遂げていくのです。

イメージ3イメージ4

もともとの品種は「久留米交配4号」という、西日本原産の品種。糖度は16度ほどあり、甘くジューシーなメロンに仕上がります。あまり聞かないのは、栽培に手間がかかる点で多くの農家がトライするものの、あきらめていったとのこと。
蛭田さんは問題をひとつひとつクリアにして、いまでは十分な収量を確保できるまでになっています。

イメージ5

栽培方法についてはあまり多くを語らない蛭田さんですが、実際に畑を見せてもらいました。その丁寧な仕事ぶりをみると、作物に対する愛情を感じられます。

イメージ6

今回は、2玉(1玉1.5kg程度)をセットにしてお届けします。量は十分あります。
収穫時期の都合もあり、7月上旬から順次出荷を開始、7月10日前後には販売を終了する予定です。
期間限定での販売となります。ご注文はお早目に。

今季の出荷は終了しました