期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>カインズマルシェ>バイヤーの取材日記:愛知県蒲郡市 温室みかん

CAINZ MARCHE

バイヤーの取材日記

愛知県蒲郡市 温室みかん

2016年7月8日(金) 更新

イメージ1

全国的にまだ梅雨も明けていないのに、暑い日々が続いています。
なかなか食欲も進まない時季ですが、こんなときには栄養たっぷりのフルーツを楽しんでみませんか。

今回は、愛知県蒲郡市の温室みかんをご紹介します。
小さく、食べやすく、甘く、そのままパクッといけます。
果汁たっぷりのみずみずしさを、冷やしてお楽しみ下さい。

イメージ2イメージ3

愛知県蒲郡市は、古くから温暖な気候活かした果実栽培が盛んなところです。
海と山からの適度な風と湿気、そして傾斜した土地を持っています。
長い日照時間も、甘いフルーツ、特に柑橘系栽培に適した場所と言えます。
日照時間が長いことは「急に寒くならない」ことに繋がり、柑橘系果物が甘く育つのによい環境とのことです。

イメージ4イメージ5

今回ご説明いただいたのは、蒲郡市で長年みかんの栽培に携わっている千賀さん。
温室で温度管理しながら育てる、「宮川」という品種のみかんについてご説明頂きました。
暖房をかけて早く栽培するのは簡単なんだけど、いかに長く栽培、収穫するかということについては、難しいと語られていました。

イメージ6

宮川品種のみかんの特徴は、甘く、果実味があり、果汁もたっぷりジューシーなこと。サイズが小さいので、女性でもパクッと行けちゃいます。

一番驚くのは、その甘さ。「これ、なにか細工してるんじゃない?」と思うくらい甘いのです。これは、ぜひ食べてみて欲しいですね、

イメージ7

今回、1.2kgを贈答用の箱に入れてお届けします。
お世話になった方へのお中元にも喜ばれると思います。
この時季の食べ方として、冷蔵庫で冷やして食べるのがオススメです。
冷たい食感が暑さを和らげます。
夏のデザートにいかがでしょうか。

今季の出荷は終了しました