期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>カインズマルシェ>バイヤーの取材日記:千葉県いすみ郡 はちみつ

CAINZ MARCHE

バイヤーの取材日記

千葉県いすみ郡 はちみつ

2017年6月13日(火) 更新

イメージ1

千葉県房総、夷隅(いすみ)地方。 鉄道好きには有名なローカル線「いすみ鉄道」が通る周辺では、のどかな山や野原が広がります。この地で長年、林業に携わってきた朝生(あさお)さんが、ここ数年始めた養蜂とはちみつ造りが人気です。 実は、カインズマルシェ茂原店での隠れた人気商品なのです。 ということで、朝生さんをお尋ねしました。

イメージ2

画面に向かって満面の笑みを浮かべる、朝生さん。
実は先日、NHKで朝生さんの養蜂作業が放映されました。
「きこりおじさんのはちみつ」という商品名で、千葉県の養老渓谷付近で採取された花みつを原料としたはちみつの製造販売を行っています。

イメージ3イメージ4

朝生さんのはちみつは、もちろん純国産。水や添加物のない純生はちみつを造っています。
「昨年まで野原だったところが、今年はソーラーパネルが置かれて発電施設になっていたりして、年々収穫は苦労します」とのこと。夷隅地方の花ならではの、優しいはちみつなのです。
まずは「百花蜜」。その名のとおり、様々な花のみつのブレンドです。試食しましたが、これが優しいのなんの。お人柄が出ている味わいです。

イメージ5イメージ6

変わったところでは、この「カラスザンショウ」。
はちみつの味わいとしては珍しく、ミカン科の植物だけに柑橘系の爽やかな香りがして、ほのかに山椒の風味がします。
「え、これがハチミツ?」と思うくらい独特の味わいですが、キレのある甘味にファンも多く、人気の品なのだとか。確かに、他であまり見ない商品です。

イメージ7イメージ8

とれた季節や時期により様々に味わいを変えるはちみつですが、夷隅地方に思いを馳せながら味わうはちみつも格別です。
ヨーグルトにかけたり、パンケーキにかけるのはもちろん、コーヒーや紅茶の甘味としても美味しいです。
朝生さんのオススメは、無糖ヨーグルトにかけて食べることとのこと。楽しく、健康的な朝食ですね。

今回、カインズマルシェでの販売とのことで、リーズナブルな価格をご提案頂いています。純生はちみつの高額なイメージを覆すこの商品、この機会にぜひ。
季節商品なので、様々な花みつで作られたはちみつも追加されます。お楽しみに。

カインズでは、地域密着の品ぞろえを心がけています。
「きこりおじさんのはちみつ」の産地、千葉県のカインズ店舗はコチラ。

»千葉県の店舗一覧