期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>カインズマルシェ>バイヤーの取材日記:山形県庄内 アンデスメロン

CAINZ MARCHE

バイヤーの取材日記

山形県庄内 アンデスメロン

2017年7月3日(月) 更新

イメージ1

7月に入り、本格的な夏ももうすぐです。
この時季の旬といえば、短い収穫期ながらもメロンがオススメです。

天候の影響を受けやすい作物なので、販売が難しいのですが、今年は山形県庄内地方のアンデスメロンが入荷しました。
(昨年大好評だった神奈川県三浦市のメロンは、すでに今季の販売を終了しています)

イメージ2

訪ねたのは、山形県庄内地方。
ここにある庄内砂丘は山形県北西部、庄内平野の日本海岸にある砂丘です。南の加茂台地(鶴岡市)から北へ鳥海山麓の遊佐町吹浦までの約30キロメートルの南北に長い砂丘です。南は幅広く約3キロメートルありますが、北へ行くに従って狭くなっています。

ここでは、メロンの栽培が行われています。
水はけがよく、朝晩の寒暖差があります。
砂地は、水分を蓄えようとするメロンには好都合な場所です。

イメージ3

特に庄内砂丘は、万年雪をたたえる鳥海山のふもとからの良質な伏流水を、メロンが蓄えることで、より甘みが凝縮されているといいます。
見た目は変わらないメロンですが、確かに甘く濃厚な味わいです。

イメージ4イメージ5イメージ6イメージ7

ほとんどが地元で消費されてしまい、わずかに贈答用にまわるくらいというアンデスメロンを、特別に用意してもらいました。収穫したものをすぐに発送、お届けいたします。
到着直後はまだ固い状態ですので、冷蔵庫にはいれずに室内でゆっくり追熟をさせてからお召し上がりください。
お召し上がりになる直前に冷蔵庫で冷やしておくことを、オススメします。

食べ頃の見分け方ですが、メロンの下部分(おしり部分)を指で軽く押して柔らかくなっていれば、追熟が進んでいる証拠です。あとは、お好みでお召し上がりください。

今季の出荷は終了しました

画像:庄内産 アンデスメロン 2L 2玉
庄内産 アンデスメロン 2L 2玉

税込1,980