期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:ビールの美味しさは、グラスでキマる

trouveríe コラム

ビールの美味しさは、グラスでキマる

2014年10月1日(水) 更新

イメージ1

全国各地でイベントとして「オクトーバーフェスト」が開催されています。
もともと、「オクトーバーフェスト」は、ドイツ発祥の、新しいビールの醸造シーズンの幕開けを祝うお祭りです。

暑い夏にキンキンに冷やしたビールもいいですが、秋の夜長にゆっくり味わいながら飲むビールも、風情があっていいですね。

実は、ビールグラスによって、最終的なビールの「美味さ」がキマるのです。

ひとくちに、ビールグラスといっても、形は様々です。

日本で一番馴染みのあるのが、「ジョッキ」型。
アメリカでは「マグ」、ドイツでは「クルーク」、イギリスでは「タンカード」と呼ばれている、取っ手付のものです。

ピルスナー

シャンパングラスを大きくしたような形。フルートグラスとも。

ヴァイツエン

泡立ちのよいヴァイツエンビール用に上部に膨らみがあり、底部分にむけてくびれている形。

タンブラー

ストレート型や、やや上部にふくらみのある形もあるシンプルなビアグラス。

イメージ2
イメージ3

美味しくビールを飲むためには、準備が必要です。
(一般的な、ピルスナータイプのビールの場合)

1) グラスを冷やす

冷凍庫でも冷蔵庫でもよいので、グラスをよく冷やすこと。ビールは温度変化で味が変わってしまいます。

2) 注ぐときは、5パターンの工程があります。

その1:
グラスを立てて、最初はゆっくり。
その2:
その後、泡立てて勢いよく注ぎます。
その3:
泡立ったら、すこし落ち着くのを待ちます。
その4:
その後、グラスを傾け、泡をふたに見立てて静かに、泡の下にすべりこませます。
その5:
グラスの傾きを直し、最後に残りを注ぎます。

trouveríe がオススメする、ビールを楽しむためのグラス