CM放映中ピックアップ話題の店舗受け取りサービスはこちら

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:朝食を食べるほうが痩せる

trouveríe コラム

朝食を食べるほうが痩せる

2015年4月10日(金) 更新

イメージ1

4月が始まり、1週間以上が経過しています。
新しい生活のリズムはできていますか?

生活のリズムを作る、食事。
なかでも眠りから目覚めて空腹を感じるまでの時間が短いために、昼食や夕食のように、抜いてもあまり気にならないと思いがちな、「朝食」。
この「朝食」が、実は、もっとも大事で、しっかり食べることが、痩せるという説は、どうやら本当かもしれません。

イメージ2イメージ3

「『朝食を食べるほうが痩せる』本当の理由」というニュースによると以下のようです。(ライブドアニュースより)

1. 基礎代謝アップ
お腹に食べ物が入ると、体は自然と熱を発し始める。
睡眠中の名残りで下がっている体温を上げることが、体も基礎代謝も目覚め、エネルギー消費がスタートすることから朝食はかかせません。
白湯からでもよいかもしれませんね。

イメージ4

2. お通じスッキリ
食べれば出る。これは自然の法則。もちろん、必ずではなくとも、食べないよりも出やすくなるのは確実です。軽い朝食であっても、十分な水分を取りながら食べれば、胃腸は十分に刺激されるはず。ジュースでも、野菜や果物たっぷりのジュースはコップ1杯でお腹も膨れます。

イメージ5

3. 間食の防止
朝食を抜けば当然午前中の早い時間にお腹が空いてくる。昼食まで待てずについつい間食。朝食よりも甘いものを食べたくなる間食は、カロリーが高くなってしまいがちですね。朝食をきちんと食べておけば、昼前のおやつ時間もお茶だけで済ませられるかも。

イメージ6

4.ストレス予防
朝食を抜くと、頭の働きにも影響がでると言われています。脳を活発に動かすには糖が必要ですよね。これは、必ずしも甘いものが必要だという意味ではなく、普通の食事をきちんととって血糖値を必要量まで上げることが大切だとうこと。血糖値が低いままだと、ぼんやりしたりイライラしたりして、ダイエットの敵であるストレスを感じやすくなってしまいます。

イメージ7

5. 正しい食生活の定着
朝食は1日の要ともいいます。ダイエットの基本は日常の食習慣を見直すところにあります。そう、1日3食を正しい量と質で食べることこそが、長期的視野で見たダイエットの成功へとつながるのです。

と、いうことで、この春、trouveríeでは、「しっかり朝食を食べる」習慣をつけることが、健康的なダイエットの始まりと考えます。まずは、カタチからということで、楽しい朝食ライフに必要なグッズをご紹介します。

trouveríeが選んだグッズは、コチラ。
新しくすると、よい一層楽しく朝食を頂けますね。