期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:スィーツの誘惑 〜2015年夏

trouveríe コラム

スィーツの誘惑 〜2015年夏

2015年7月17日(金) 更新

イメージ1

甘いモノ好きの方は、多いと思います。
いつの頃からか、甘いもの全般を「スィーツ」と呼ぶようになり、「チーズケーキ、ロールケーキ、シュークリーム、プリン、ワッフル、パンケーキ」と、巡り、再び「チーズケーキ」に戻る、というサイクル的なブームがあります。

今回は、これからの季節に特に食べたい、「夏のスィーツ」についての話です。

イメージ2

コーヒーゼリーは、子供の頃、「オトナの香り」がする食べ物でした。同じゼリーでも、メロンやイチゴのゼリーとは違う、「高級感」」と、「オトナ感」」は、子供心に「背伸びしたゼリー」だった気がします。そもそもコーヒー自体が、子供には「オトナの味」だったのではないかと思います。

コーヒーゼリーの醍醐味は、「そのまま食べる」、「ミルクをかける」、「クリームと同時に食べる」など、微妙な味の変化を楽しめるところですね。

イメージ3

アイスクリームは、まさに夏のスィーツの代表。
最近は、真冬に暖かい部屋で食べる高級アイスクリームの楽しみ方もありますが、なんといっても、アイスクリームは夏に食べるのが美味しいですね。

しっかりと冷やしたガラスの器に、こんもりとしたアイスクリーム、そしてちょっとだけ添えられたウェハースやクッキー、さらに、フルーツソースなど。
夏のたまらない誘惑です。

イメージ4

パフェは、子供には人気のスィーツですが、最近ではオトナの男性も「パフェ好き」が多いのだとか。

その昔は、やたらと大きい「ジャンボパフェ」だったり、「食べ放題」を謳った店が話題になるなど、いつの時代も人気なパフェは、みんな大好きなスィーツのひとつですね。

いまはあまり食べなくなりましたが、チョコとバナナという「鉄板」の組み合わせが好きでした。ファミリーレストランでは、いまだに人気メニューだそうです。

イメージ5

和菓子では、「わらび餅」や「水ようかん」、「あんこを使った冷たいお菓子」も、夏に食べたいスィーツのひとつ。

和菓子には、伝統と歴史があり、日本の「蒸し暑い夏」にほっと一息つける味わいがあります。小豆の優しい甘みが疲れを癒やしてくれそうです。

やっぱり、冷たい緑茶が合いますね。
涼しい部屋で、そっと口に運びたいものです。

イメージ6

夏のスィーツは、「かき氷」、「マンゴープリン」や「冷やし汁粉」「葛きり」、などまだまだご紹介したいのですが、それはまた別の機会に。

今回ご紹介したスィーツの入っているガラスの器は、すべて、trouveríeで買えます。しかも、かなりお手頃価格。いずれもスィーツの冷たさや美味しさを引き立てるものばかりです。

暑い夏、冷たいスィーツを、涼しげな器と共に楽しみませんか。

trouveríeでは、デザインよく、なかなか見つけられない商品を、探してお届けします。
また、シリーズで探したいものもtrouveríeなら見つかります。
カインズ鶴ヶ島店には取り扱いの無い商品もオンラインショップにはございます)