期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:秋の夜長の過ごし方

trouveríe コラム

秋の夜長の過ごし方

2015年9月25日(金) 更新

イメージ1

シルバーウィークも終わり。次にシルバーウィークになるのは、11年後の2026年の9月とのこと。
そのころ皆さんは、どう過ごされているのでしょうか?

秋分も過ぎてこれから、どんどん日が短くなる中、夜を楽しむ時季になってきています。秋の夜長、ゆっくり過ごしてみませんか。今回は、かなり個人的なオススメが含まれていますので、注意してお読みください。苦笑。

イメージ2

「○○の秋」と言われ、まず思い浮かぶのは「食欲」なのですが(笑)、今回は、それ以外について、書こうと思います。

まずは、「読書の秋」。
今年の話題といえば、なんといっても「火花」(又吉直樹)。お笑いタレントとして初の芥川賞作家です。累計販売部数は、250万部に迫る勢いですね。驚きです。読まれた方も多いと思います。

そんな中、秋に読みたい本として、個人的なオススメは「錦繍」(宮本輝)。文学史上珍しい、書簡形式の小説です。宮本ファンの中でも評価が高い反面、涙が止まらないという方と、ぜんぜん泣けないという方の評価が分かれる作品です。冒頭から秋を感じる一節があります。

イメージ3

次は、「芸術の秋」。
まずは、絵画や展覧会の話を。
秋には多くの展覧会が開かれます。

今年の目玉は、なんといっても21年ぶりに全国で開催される「モネ展」です。
有名な「睡蓮」や「印象、日の出」は、教科書でみたことのある方も多いはず。「睡蓮」をみたことがない方なら、この機会にぜひ。(本当は、人生で一度は、パリ「オランジェリー美術館」で、壁一面の「睡蓮」を見ることをオススメします。)
絵画は、やはり本物を体験するものだと思います。開催スケジュールをスマホでチェックされてみては?

イメージ4

そして、「音楽の秋」。
アイドルからクラシック・オペラまで、何でも聞きますが、やはり秋といえば、JAZZやbossa novaということになりますね。

一口にJAZZといっても、様々なJAZZがありますが、秋は、静かなサックスやピアノが似合うのでは?まったく聞いたことがないという方は、サックスなら、John Coltrane(ジョン・コルトレーン)あたりから聞くのがよいかも。有名な「Say it」や「My Favorite Things」が聞きやすいかもしれません。ピアノならBill Evance(ビルエヴァンス)とか。まさに秋の曲「Autumn Leaves」あたりはいかがでしょう。

イメージ5

ちなみに、bossa novaも範囲が実に広いですが、オススメのアルバム1枚をということであれば、「casa / Morelenbaum2 & Ryuichi Sakamoto」を聴いてみては?2001年にリリースされた、モレレンバウム夫妻と坂本龍一によるユニットで、ブラジル音楽の巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンへのトリビュートアルバムです。チェロとヴォーカルとピアノが静かに語りかけます。

音楽は、スマホから無料で視聴できる時代。
これも秋の夜長の過ごし方のひとつですね。

イメージ6イメージ7

最後は、「なにもしない秋」。
今回、trouveríeのオススメは、キャンドルスタンドキャンドル。昼の印象と、暗くなってキャンドルを灯した印象の違いが実によい感じです。このキャンドルの灯火を見ているだけで、癒しの効果があるというのは有名な話です。
今年も残り100日をきりました。
今年2015年12月31日の夜に、皆さんが、「ああ、今年もよい1年だった」と思えますように。

trouveríeでは、デザインよく、なかなか見つけられない商品を、探してお届けします。
また、シリーズで探したいものもtrouveríeなら見つかります。
カインズ鶴ヶ島店のtrouveríeには取り扱いの無い商品もオンラインショップにはございます)