期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:「ぬくもりのある器」を揃えてみませんか

trouveríe コラム

「ぬくもりのある器」を揃えてみませんか

2015年11月20日(金) 更新

イメージ1

本格的な寒さが近づくこの頃。
今年も残りあと6週間、40日ちょっとだと知って愕然としています。

外が次第に寒くなり、温かい料理が恋しい。
今年こそ、年の瀬あたりに、食器を一新したいな。

そんなアナタにオススメの商品、その名も「ぬくもりのある器」。
trouveríeが見つけきました。

イメージ2

長崎県の波佐見焼、「利左衛門窯(りざえもんがま)」の器をご紹介します。

波佐見焼(はさみやき)は長崎県東彼杵郡波佐見町という、焼きものの街でつくられています。街のあちらこちらに残された登窯跡が焼きものの街としての400年の歴史を物語る波佐見町。そこで造られる波佐見焼きは、現在でも、常に新しい技術に取り組みながら、良質の日用器を生み出しています。

イメージ3

「利左衛門窯(りざえもんがま)」は、豊かな自然に囲まれた波佐見の地で、江戸時代中期に畑の原に良質な陶土を発見し、そこに登り窯を築窯したのが始まりで、1968年に窯を「利左エ門」と命名されました。

今回ご紹介する「刷毛飛び鉋(はけとびかんな)」は、黒茶と白の2色、少しノスタルジックでレトロな、しかしモダンな雰囲気も感じさせる、上品な器です。

イメージ4イメージ5

飛び鉋(とびかんな)とは、工具の刃先を使って、連続した削り目をつける技法です。回転させながらハガネの先をあてる事によって、刃先が土を削って弾かれます。そして定位置に戻って土を削って再度弾かれます。この繰り返しによって連続した模様ができあがります。飛びかんなの部分は、手作りの為 ひとつひとつ表情があり、繊細な職人の「技」と「ぬくもり」を感じる器になるのです。

イメージ6イメージ07

大きな8寸(約28cm)の平皿は、ワンプートランチや晩ごはんのメインディッシュに。6寸(約20cm)はデザートや取り皿、普段使いに便利なサイズです。深さのある器は、シチューにも、煮物にも。ぽってりとかわいいポットとカップは、これからの季節に大活躍。紅茶も日本茶も楽しめます。
また、ちいさいカップは名前もかわいらしい「つぼつぼカップ」。ころんとしたかたちにも癒されます。

イメージ8イメージ9 イメージ10イメージ11

こちらの商品はすべて、鶴ヶ島店・浦和美園店でも取り扱っています。
お気に入りの食器が見つかると、おうちごはんが楽しくなりますね。
この冬、「ぬくもりのある器」を揃えてみませんか?
お店で、オンラインショップで、チェックできます。

trouveríeでは、デザインよく、なかなか見つけられない商品を、探してお届けします。
また、シリーズで探したいものもtrouveríeなら見つかります。
カインズ鶴ヶ島店カインズホーム浦和美園店のtrouveríeには取り扱いの無い商品もオンラインショップにはございます)

こちらの商品は販売を終了いたしました。