カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:温かみのある木製食器を選ぶ

trouveríe コラム

温かみのある木製食器を選ぶ

2016年1月22日(金) 更新

イメージ1

今シーズンの冬は、年明けてから急に寒くなったように思います。 各地で雪が多く降ったり、空気が乾燥して、風が冷たかったり。
実は、平年並みの気温なのに、暖かい日が続いたので、カラダが慣れないですね。

「あー、あったかい気分になりたい。」
「外での食事もいいけど、なんかおっくう。家での食事を楽しみたい。」
そう、ぬくもりのある食事がしたいんです。

イメージ2

そこで、先週ご紹介したアカシアの食器のほかにも、trouveríeには多くの木製食器があります。木製の食器には、独特の風合いと温かさ、優しさがあります。

オンラインショップ、オープン時から人気のあるメープル(楓)のシリーズ
美しい木目と手になじむ感覚が心地よいことが特徴で「ずっと触っていたい」という声も多い逸品。確かに「心地よい」という言葉がピッタリの感覚です。

メープル(楓)は木の芯と外側で色が違う木なので、それぞれの個体の色の自然の風合いも楽しめます。

イメージ3

また、「杉」や「ひのき」のお箸
杉は見た目の木目の美しさ、木の芳香、適度な強度などの特徴があります。これは、奈良県の吉野杉を使用しています。

ひのきは木の肌が滑らかで香りがよく、耐久性があり、香りには天然の殺虫、防カビ抗菌効果の強い物質が多く含まれています。

イメージ4

それから「けやき」のカトラリー
日本人に馴染み深い銘木であるけやきは堅く、強いのが特徴で、昔からお椀やお盆といった器の材料としてつかわれています。少しかわいいサイズのカトラリーです。

「金属のスプーンの口にふれたときの、独特の違和感が苦手っ。」という方。ぜひぜひお試し下さい。

イメージ5

こちらは、代表的なラバーウッド(ゴムノキ)
比較的柔らかくて軽く、ソフトな印象の木目と滑らかな肌触りが特徴です。

一般的にも使用しやすい「ナチュラル」な木目で、毎日使いに最適です。和洋中問わずに料理が映えます。

イメージ6

食器だけでなく、陰の人気者としてウッドチップを使用したマットやコースターと、ポットホルダーにキッチンペーパーホルダーも。耐久性に優れ、長持ちします。

軽くて、割れにくくて、独特の温もりのある雰囲気を持つ木製食器。
ひとくちに木製といっても様々な風合いがあります。
まずは1つ、お気に入りを見つけてみては。

【お知らせ】
このたび、trouveríeの商品は、カインズ・オンラインショップの他の商品と一緒にご注文頂けるようになりました。
いつも使っている洗剤と一緒に、ちょっと気になっていたワインと一緒に買えます。
オンラインショップでのショッピングと共にお楽しみ下さい。