期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:春になったら……。

trouveríe コラム

春になったら……。

2017年2月3日(金) 更新

イメージ1

1月もあっという間に終わり、早くも2月が始まりました。
2月最初のイベントといえば節分。
小さい頃はよく「鬼はー外、福はー内」といって家の中で豆をまいていた気がします。地域によっては、「福は内」しか言わないところもあるかも。
そういえば、スーパーに行くと特設コーナーに豆と一緒に紙やプラスチックでできた鬼のお面が置いてあって、自由に持ち帰ることができるようになっていました。親切な売り場ですね。

イメージ2

一人暮らしだと、豆まきを全くしませんが、子供のいるご家族はそれを使ってお父さんに鬼役になってもらうのでしょうか?(お父さん、オツカレサマです)
また、豆を年の数だけ食べるってのも、もう難しいしな。食べきれないし。

全国的な行事になった、節分に食べる恵方巻もどこでも見かけます。黙って願い事を思い浮かべながら食べきると願いが叶うと言います。ちなみに、2017年の恵方の方角は「北北西」だそうです。

イメージ3

そんな節分を終えると、翌日の2月4日は「立春」です。まだ寒さが続いている地域もありますが、暦の上では春の始まりです。

春のイメージカラーといえば、やはりピンクですよね?
勝手に、新しい出会いがありそうな気分になるし。

桜餅などは、ピンクと相性のいい白食器に乗せると、食べる前に思わず写真撮りたくなりますよね?

イメージ4

これからは、少しずつ日の出も早くなり、部屋にもピンクや明るい色のものを飾りたくなります。

花瓶にピンクのガーベラや桜を挿せば、雰囲気が一気に春っぽくなります。窓辺にちょっと置いておくだけでも、気分が春っぽくなりますよね?

イメージ5

春色の食器の代表格といえば、ガラスの模様がきれいなびいどろ。もちろん、日本酒を飲むのに最適ですが、使わないときにただしまうのは勿体無い。
水を入れたびいどろに、桜の花びらを浮かせて置いておけば、春ディスプレイとして楽しめます。

昨年読んだ雑誌にそう書いてあったので、実際にやってみたところ、窓辺の光を浴びてかなり春っぽくおしゃれな感じになりました。

イメージ6

同じように見ていて飽きないのがピンクの食器のHAKUシリーズ。
HAKUシリーズは、その薄さが特徴。薄く焼き上げてあるから、キャンドルのように光が差し込みます。
料理もより一層美味しく見えそう。

軽やかで使い心地のよいので普段使いにもぴったり。

イメージ7

まだまだ寒いし、雪も降るかもしれないけれど、春は確実にやってきます。花粉症の人には申し訳ないけど、今から春が待ち遠しい!
「春になったら……。」

この春。新しい出会いを思い、春に合う食器を揃えてみてはいかがでしょうか?
trouveríeなら、春色の食器、揃います。

【お知らせ】
trouveríeの商品は、カインズ・オンラインショップの他の商品と一緒にご注文頂けるようになりました。
また、アンテナショップではオンラインショップの商品を手にとって確かめられます。
鶴ヶ島店、浦和美園店、茂原店、南砂町SUNAMO店、神戸西神南店のお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
※店舗では取扱のない商品もありますので、ご了承ください。