期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:私のおススメ本 2017秋

trouveríe コラム

私のおススメ本 2017秋

2017年11月24日(金) 更新

イメージ1

今年は、いつの年にも増してよく本を読んだ1年でした。本と言っても小説だけでなく、漫画や写真集、絵本まで「乱読」な私は、いろいろ読んでいます。

たまには「私のおススメ本」を紹介しようかと思います。

『楽園のカンヴァス』(原田マハ)。2012年の本ですが、今年見事にハマって、大原美術館に通ったっけ。登場するアンリ・ルソー、実にいいです。
ニューヨークに行きたくなりました。

イメージ2

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)。
昨年の本屋大賞2位です。
映画やアニメにもなったのでご存知の方も多いかも。
衝撃的なタイトルですが、中身は全く違います。
映画を見てから読んだので、主演新人女優のイメージがつきすぎちゃったのですが、本は一気に読めます。

泣いたという感想も多いけど、確かに「ジーン」とは来るかな。高校生なんて、もう遠い昔のことだけど。

イメージ3

『リバース』(湊かなえ)。
今年テレビドラマになった作品。湊作品はいくつか読んでいますが、これもいかにも湊作品という感じです。何人かの方が書いていますが、確かにテレビドラマ版のほうが登場人物が多く複雑さが増しているので、珍しく「テレビドラマのほうがよいかも?」と思えます。

おなじく、よくテレビドラマや映画になる東野圭吾作品もいくつか読みました。
『虚ろな十字架』(東野圭吾)は考えさせられました。重い内容ですね。

イメージ4

『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(ジェーン・スー)は、本屋で発見したとき、読みたいような、読みたくないような……と思いながら恐る恐る手に取り、買ったけどなかなか読まなかった本。

その後ジェーン・スー作品は何冊かまとめて読むことになるのだけど、エッセイストの酒井順子作品も仕事でイライラしたとき、寝る前に読むとスッキリする本の一種かも。なんか、スカッと言い放ってくれて気持ちイイしね。

イメージ5

『ナスカイ』(梅佳代)。写真集です。
私が梅佳代作品を初めてみたのは『男子』という写真集になりますが、今年3月に出たこの『ナスカイ』は、中高一貫教育の男子高校生を撮影した一冊です。

これ、仕事でストレスフルな日々の私の清涼剤。
「あー、あのムカつくマネージャーも部長も、子供のころはこんなんだったんだな。みんな馬鹿だね、男子!」って思えて、可愛くなって、怒っている自分がバカバカしく思えてくる一冊です。

イメージ6

12月に入ると、なんだかバタバタして本を読む時間なんてとれそうもないから、11月の残り1週間、気になってたあの本をさらに読んでおこうかな。
読書はいいね。

で、当然、乱雑しがちな本。そんなときに活躍するのが、様々なデザインのブックエンドです。trv(トゥルベ)の新商品として販売中です。そのほかにも読書のお供をしてくれるアイテムも色々そろいますよ♪

お知らせ

皆さまにお届けしてきましたこのコラムは、9月より毎週金曜日更新から、隔週金曜日更新になっています。
そのほかにinstagramも不定期ですが更新していきます。並行して楽しんでいただき、フォローをお願いします。
(フォローは以下から)

trouveríe 公式 Instagram

trouveríeの商品は、カインズオンラインショップの他の商品と一緒にご注文いただけます。
女子力を上げたい、カタチから入りたいそこのアナタ。いつも使っている洗剤も一緒に、ちょっと気になっていたワインと一緒に、お買い物をお楽しみください。
trouveríe(トゥルーベリー)は、trvともトゥルベと呼んでいただいてもOKです。
また、アンテナショップ各店(ショップ情報はこちら)では、商品を手にとってお買い求めいただけます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
鶴ヶ島、浦和美園、茂原、南砂町SUNAMO、神戸西神南、名古屋堀田、LECT広島、福岡新宮、沼津、仙台富谷、名古屋納屋橋、町田多摩境にあります。
※店舗では取扱のない商品もありますので、ご了承ください。