期間限定 新規アプリ登録キャンペーン 会員登録で100ポイントプレゼント

カインズホームオンライン>trouveríe ONLINE SHOP>trouveríe コラム:テーブルマナーは世界いろいろ

trouveríe コラム

テーブルマナーは世界いろいろ

2018年5月11日(金) 更新

イメージ1

ゴールデンウィークも終わり、5月も半ば。「次の長い休みは、夏休みかなぁ」と、なんだか憂鬱な日々を送っています。
天気も不安定で気温が急に落ちたりして、なんだか体調壊しそう。そんなときは家でしっかり食べて、ゆっくりと過ごしたいですよね。

家での食事といえば、毎日の食事のときに使フォークナイフたち。だいぶ前に書いたコラム「カラトリーって、なんだ?」のことを思い出しました。再びフォークやナイフ、テーブルマナーをついての話をします。

» カラトリーってなんだ?

イメージ2

そもそも、ナイフやフォーク、スプーンの使い方、いわゆるテーブルマナーはイギリスの影響が大きいらしいです。アメリカや日本など多くの国に影響を与えていて、ごはんをフォークの背に載せて口に運ぶというのはイギリスのマナーらしいという説もあるようです。

そして、ナイフとフォークの使い方。右手にナイフ、左手にフォークですが、イギリス式のテーブルマナーでは、食べるときにフォークを右手に持ち替えてはいけないんだとか。右利きなら、あきらかに持ち替えたほうが食べやすいと思ってしまいます。

イメージ3

フランスのテーブルマナーも、イギリス同様ほかの国に大きな影響を与えているらしい。食事中ちょっと手を休めるとき、ナイフとフォークをお皿の上に「八の字」にしておく、などはフランス料理の食事マナーのようです。
でも、先ほどのフォークの背にライスを乗せる食べ方、フランスではマナー違反になるそうです。
小さい頃、初めてちゃんとしたフランス料理を食べた時、得意げにフォークの背に乗せて食べた記憶が……。でも、正直食べにくいもんね。

イメージ4

また、食文化によってマナーも色々。「ピザはナイフとフォークで切って食べる」「パスタをズルズルとすすらない」というイタリアならではのマナーもあります。

日本同様お箸を使う韓国でも「ご飯はスプーン、おかずはお箸で」というマナーがあります。韓国ドラマの食事シーンで見た方も多いのではないでしょうか。箸があったらつい全部箸で食べてしまいそうな気がしますが、不快に思われるそうなので注意が必要ですね。

イメージ5

インドでは、自分のお皿に盛られたものはすべて食べて平らげないとマナー違反なんだとか。
だからというわけではないですが、カレーを最後まできれいに食べられるように工夫されている、スプーンの先が少し平らになった「カレースプーン」なんていうのもあります。
もちろんカレー以外の食事でも活躍してくれます。先端が平らだとご飯モノを食べるときには、便利ですね。

イメージ6

世界各国様々なテーブルマナーがありますが、フォーマルな席を除けば、気にしすぎず、おいしく頂くのが一番かなと思います。
そうそう、テーブルマナーの話を書いていて、昔の映画「プリティ・ウーマン」に登場するホテル支配人を思い出しました。主演のジュリア・ロバーツにフォークとナイフのマナーを指導するシーン。子供ながらに素敵だなぁと思ってました。

さて、毎日の食事を楽しくするために、食卓をお気に入りのカトラリーで彩りませんか?
色々なシーンに合うカトラリー、trouverie(トゥルベ)には取り揃えています。あなたのお気に入りがきっと見つかりますよ♪

お知らせ

皆さまにお届けしてきましたこのコラムは、9月より毎週金曜日更新から、隔週金曜日更新になっています。
そのほかにinstagramも不定期ですが更新していきます。並行して楽しんでいただき、フォローをお願いします。
(フォローは以下から)

trouveríe 公式 Instagram

trouveríeの商品は、カインズオンラインショップの他の商品と一緒にご注文いただけます。
女子力を上げたい、カタチから入りたいそこのアナタ。いつも使っている洗剤も一緒に、ちょっと気になっていたワインと一緒に、お買い物をお楽しみください。
trouveríe(トゥルーベリー)は、trvともトゥルベと呼んでいただいてもOKです。
また、アンテナショップ各店(ショップ情報はこちら)では、商品を手にとってお買い求めいただけます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
鶴ヶ島、浦和美園、茂原、南砂町SUNAMO、神戸西神南、名古屋堀田、LECT広島、福岡新宮、沼津、仙台富谷、名古屋納屋橋、町田多摩境、昭島、浜松にあります。
※店舗では取扱のない商品もありますので、ご了承ください。