実は栽培が簡単!
秋の家庭菜園で「おうちが産地」に

秋の家庭菜園で「おうちが産地」に

秋に行う家庭菜園は比較的簡単に栽培できることをご存知ですか?
秋の家庭菜園におすすめの野菜苗やアイテムをご紹介いたします!

イタリア野菜とは?

イタリア野菜とは?

イタリアとその近隣国を原産とする野菜のこと。
その名の通り、イタリアで多く食べられていますが、ヨーロッパを中心に世界中の国々でも広く親しまれています。
なんといってもカタチや色が様々で見た目がおしゃれ!お庭や玄関先で育てることのできる手軽な品種が多いのも魅力です。
存在感があり、見た目もステキでおいしい「イタリア野菜」。

イタリア野菜の育て方

ハードルの高く見えるイタリア野菜でもプランターや素焼き鉢で簡単に栽培ができます。
「おすすめのイタリア野菜」の育て方をご紹介します!

つぼみを食べる西洋野菜
ロマネスコ

ロマネスコ

ローマ生まれのカリフラワーの一種で、ブロッコリーにも似た風味をもち、ほのかな甘みが特徴です。
お彼岸前(9月20日前後)に定植するのが最適で、定植後 75~90日で収穫できます。
収穫の目安は花蕾の直径約15cmです。
花蕾が大きく育つのが特徴なのでロマネスコ単体で育てるのがポイントです。

収穫時期 12月~翌年1月
植え付け 株間50cmで植え付ける
水やり 土の表面が乾燥したら、たっぷり水を与える。
追肥 植え付け後、2週間に1回追肥する。
収穫までの目安 3~4か月。花蕾が15~20cmに成長し、固くしまっている状態で収穫する。
耐寒性
分類 アブラナ科

ロマネスコを育てるためにおすすめの商品

鉢植えで育てる場合は、なるべく深くて大きいプランターを使用するのがおすすめ。
イタリア製のテラコッタ鉢は、通気性・排水性が良いのが特徴です。

フリルが特徴の野菜の王様
カリーノケール・ヴェルデ

カリーノケール・ヴェルデ

アブラナ科の野菜で、ケールの中でも苦味やエグ味は少なく柔らかい食感なのでサラダなどの生食もおすすめです。
一方、茹でたり加熱することで青臭さや苦味を抑えつつ、甘味が出てきて食べやすくなります。
サラダや炒め物、スープ等によく合うキャベツの仲間です。
時期によりますが、植え付けから収穫までが比較的早く耐候性・耐寒性の高い野菜と言われています。

収穫時期 11月~翌年5月
植え付け 株間50cmで植え付ける。
水やり 土の表面が乾燥したら、たっぷりと水を与える。
追肥 植付け後3週間後に追肥する。
収穫の目安 1か月。約60cmに成長したら葉の下側から収穫する。
耐寒性
分類 アブラナ科

カリーノケール・ヴェルデを育てるためにおすすめの用品

鉢植えで育てる場合は、なるべく深くて大きいプランターを使用するのがおすすめ。
イタリア製のテラコッタ鉢は、通気性・排水性が良いのが特徴です。

イタリア野菜の魅力

【となりのカインズさん】ブーム到来!おいしくて美しい「イタリア野菜」を育てよう
となりのカインズさんはCAINZが運営する、おせっかいなメディア。
マニアックな専門家や著名人が、くらしづくりに関する "余計な" うんちくを面白くお届けします。
イタリア野菜の魅力

イタリア野菜のアイディア料理を紹介

ロマネスコとジャガイモのアンチョビサラダ

ロマネスコとジャガイモのアンチョビサラダ

スイスチャードのコーン炒め

スイスチャードのコーン炒め

ルッコラ・セルヴァチカと桃のサラダ

ルッコラ・セルヴァチカと桃のサラダ

カリーノケールと小エビのかき揚げ

カリーノケールと小エビのかき揚げ

スティッキオのサーモンマリネ

スティッキオのサーモンマリネ

チーマ・ディ・ラパのからし和え

チーマ・ディ・ラパのからし和え

秋蒔きにぴったりな種

おうちで育てるおすすめの用品

お庭で手軽に

お庭は、たくさん植えられるどこでもガーデンフレームがおすすめです。組み立ても簡単!
手軽にイタリア野菜の菜園を作ることができます。

おすすめ特集