物であふれがちだからこそ「いつもの定位置」を決めて収納。

家族が集まる場所だから、すぐに散らかってしまうのがリビング。
必要なモノは、しっかり分類して「収納」。あふれてきたら、「捨てる」。これが鉄則です。

【Point】
■ごちゃごちゃするから隠したい小物類。
学校からの書類や、DMハガキや取扱説明書など、細々とした必要書類。 お子様別に、用途別に、頻度別に、しっかり分類して管理しましょう。
■さらに、定位置に収納していた書類やモノが、もしあふれてきたら「捨てる」。
「分類する」~「収納する」~「(モノがあふれたら)捨てる」。
当たり前のことですが、このサイクルを守ることがリビング収納のコツです。

リビング収納 書類を収納

学校からもらってくる書類やとっておきたいダイレクトメール、忘れてはいけない案内や取り扱い説明書など、リビングは書類で溢れています。
お子様別に、用途別に、頻度別に、ファイルを分けて一か所で管理しましょう。
お母さんがいなくても、家族みんながどこに何があるのかが分かるように!

リビング収納 リモコン・ティッシュケースを収納

「リモコンどこいった?!」そんな会話はもう聞きたくない!
家族みんなが毎日使う「ティッシュ」や「リモコン」もしっかりと定位置を決めましょう。

リビング収納 筆記具・印鑑・爪切りを収納

ごちゃごちゃするから隠したい、でもやっぱり必要・・・。
ペンやハサミに印鑑、爪切りなど、リビングには家族みんなが使うあんなものやこんなものがたぁ~くさん!
そんな小物類こそ、しっかりと『定位置』を決めて、家族みんなでリビングのルールを守りましょう。

リビング収納 CD・DVDを収納

お気に入りの映画や音楽、いつも身近に置いておきたいですよね?
バラバラしがちなCDやDVDは、スッキリとサイズの合ったBOXにまとめて。

リビング収納 マンガ・文庫本を収納

大人になったからこそできる「オトナ買い」、やったことありませんか?
どんどん増えていくマンガや文庫本はやはり『定位置』と『収納量』がポイント!
溢れたら売りに行く、「これ以上は持たない」というリミットを決めましょう。 もしくは、もっと大きな本棚、買っちゃいますか?

リビング収納 雑誌・新聞を収納

ついつい溜まりがちな新聞や雑誌。
読んだら「ここ」という場所を家族で決めて、「溢れたら処分する」というサイクルを。