うさぎ・ハムスターを飼おう!

うさぎ・ハムスターを飼う方へおすすめの用品を集めました!これから飼い始める方も、今飼っている方も、まずはこちらをチェック!

うさぎを飼ってみよう

うさぎを飼う方におすすめの用品を揃えてあげましょう。

牧草(チモシー)

牧草はうさぎにとって大切な食事の一つ。毎日新鮮な牧草を常に食べられるようにしてあげることが重要です。
①不正咬合の予防:うさぎの歯は一生伸び続けるため、咀嚼運動をして長さを調節しています。
繊維質が豊富な牧草を何度も噛んで歯をすり合わせることにより、歯の伸びすぎを防ぎ、不正咬合の予防になります。
②消化促進・胃内毛球症の予防:うさぎは腸に刺激を受けないと腸が活動しない性質があります。牧草は荒い繊維質で出来ているため、腸を刺激し活発にしてくれます!また、毛づくろいによって飲み込んだ毛を牧草の繊維質にからめてフンとして排出する作用もあります。

ごはん

うさぎは完全草食の動物です。主食である牧草の他に、ペレット状のラビットフードを副食として与えてあげましょう。
うさぎの成長期(生後半年)には高たんぱく質のアルファルファを原料としたラビットフードが適しています。
大人になったら、繊維質が豊富で低カロリーなチモシーを原料としたラビットフードに切り替えてあげましょう。
おすすめは「プレミアムラビットフード チモシー」。毛球症の原因となる小麦粉を使用しない健康に配慮したプレミアムフードです。主原料となる牧草はこだわりのチモシーオンリー。乳酸菌も配合し、うさぎの腸内環境を整えます。さらに、植物由来の消臭成分配合で排泄物のニオイにも配慮しています。

おやつ

ごほうびやコミュニケーションツールとして手から与える機会が多いおやつ。
食べてくれる姿がかわいくて、ついつい与えすぎてしまうことも・・・。与えすぎは肥満の原因になるので、少量に抑えることがベスト。
果物や野菜を乾燥させたおやつなら、砂糖を使用せず食物本来のおいしさが詰まっているので安心して与えてあげられます。
また、コミュニケーションツールには新感覚のピューレタイプのおやつがおすすめ。
水分たっぷりだから、水をあまり飲まない子の水分補給や食欲がない子にもおすすめです。

ケージ・ベッド

ケージは体が伸ばせるスペースが確保できる、できるだけ広い床面積のものが理想的。隠れ家があると安心して過ごせます。

かじり木・おもちゃ

うさぎの伸び続ける歯を削ってあげられて、ストレス解消にもなります。

トイレ

トイレを覚えるとお掃除がとっても楽。トイレ砂とシーツを上手に使って清潔に保ってあげましょう。

お掃除用品

ケージやトイレの毎日のお掃除に。