選べるキッチンマット

キッチンマットで
ちょっとラクカジ

キッチンのワークスペースにキッチンマット、敷いていますか?お部屋のアクセントにもなり、敷くだけでほんの少し家事がラクになるキッチンマット。
サイズから、デザインから、機能から、お気に入りのキッチンマットを探してみませんか?

そもそもキッチンマットはなぜ必要?

キッチンマットを敷いている家庭もあれば、敷いていない家庭もあると思います。
絶対敷かないといけないわけではないなら、キッチンマットにはどんな効果があるのでしょうか?その便利な機能をお答えします。

水・油跳ねの汚れが部屋中に広がるのを防ぐ

流しで食器を洗っている時、コンロで炒め物をしている時、どうしても水や油が跳ねて床まで飛んでしまいます。
その汚れを踏んだスリッパでキッチン中を歩き回ると、部屋中の床が汚れだらけに!これではお掃除も大変です。
それを防いでくれるのがキッチンマット。流しやコンロの前の部分だけでも敷いておけば、跳ねた汚れはキッチンマットの上に落ちるので掃除がラクになります。

布タイプと撥水タイプの違い

布タイプなら汚れはキッチンマットが吸い取ってくれるので、スリッパで踏んでもそれ以上汚れが広がることはありません。更に洗えるタイプのキッチンマットなら汚れたら洗濯できるので、キッチンをいつも清潔に保つことができます。
撥水タイプは水や汚れをはじくので、すぐに汚れを拭き取ればキッチンマットを洗濯する必要がなく手間いらずです。

衝撃や気温差との緩衝材になる

ふかふかのマットの上を歩くと気持ちいいですよね。キッチンマットは長い立ち仕事からくる足の疲れを軽減してくれる効果があります。また、冬場は床の冷たさからも足を守ってくれます。
キッチンマットが守ってくれるのは足だけではありません。料理中に食材や調理器具を落としてしまったことはありませんか?高いところから落ちたお皿はさすがに割れてしまうかもしれませんが、もしもキッチンマットが敷いてあったら床の凹みは少なくなったかもしれません。 このようにキッチンマットを敷くと良い事が色々あるんです。

サイズから選ぶ

まずは敷きたい場所の間口を測りましょう。コンロの前だけに敷くなら左右の余裕も見て約120cmぐらいあれば安心です。
システムキッチンにぴったり敷くならその間口を測り、はみ出さないサイズを選びましょう。

幅45cm 長さ~120cm

幅45cm 長さ~180cm

幅45cm 長さ~240cm

幅50~60cm 幅広タイプ

デザインから選ぶ

シンプルでどんな部屋にも合う 無地

無地はシンプルで飽きの来ないデザインです。キッチンの雰囲気を選ばず、どんな部屋にも合わせることができます。

ナチュラル・シンプル・かわいい パターン模様

ナチュラルな木目やタイル調、シンプルなボーダーや幾何学模様、かわいい北欧風のデザインなど様々なパターン模様を集めました。
キッチンの雰囲気に合わせておしゃれなマットを見つけてください。

大胆なデザイン 1枚柄

目を引く大胆な1枚柄のデザインはキッチンのアクセントにぴったり。模様替え気分でキッチンマットを変えてみませんか?

サッと拭ける 撥水タイプ

水や汚れをはじくので、サッと拭くだけで洗濯いらずの撥水タイプ。少しでも家事をラクにしたい方に人気です。使い捨てのウェットティッシュ等をキッチンに常備すると便利です。

いつでも清潔 洗えるタイプ

やっぱり汚れた物は洗濯してきれいにしたい!そんな方には洗えるタイプがおすすめです。先に表と裏へ掃除機をかけてホコリやカスを取り除いてから、洗濯ネットに入れて洗濯するといいでしょう。

足元やわらか 低反発タイプ

足への負担をやわらげてくれるふかふかのマット。毎日その上で立ち仕事をするなら、やっぱり踏み心地にはこだわりたいですね。冬の足元の冷え防止にも大活躍してくれます。

安心安全 ずれにくいタイプ

毎日歩いているとすぐにずれてしまうキッチンマット。それがイヤになって敷かなくなってしまった方もいるのではないでしょうか?
そんな方は是非一度このずれにくいタイプをお試しください!今のマットのずれを改善したい方にはすべり止めを使うのもおすすめです。