アルミ鍋・土鍋のおすすめ

冬の定番料理といえば、お鍋。毎日のように使うご家庭もあるかと思います。
土鍋選びのポイントは使いやすさと丈夫さです。軽くて扱いやすく、使う前の下処理も不要なものがいいでしょう。
内側にフッ素樹脂加工を施していると、焦げつきにくいので食器洗いもラクになりますよ。

土鍋風卓上鍋

土鍋に見えるこの鍋、実はアルミ製なのです。軽くて扱いやすく、使う前の下処理も不要。内側にフッ素コーティング加工を施しているので、焦げつきにくくなっています。IH・ガス火ともに対応しているので、卓上用IHクッキングヒーターでも使えます。定番のすき焼きやキムチ鍋・流行りのミルフィーユ鍋などを作ってみてはいかかでしょうか。

土鍋風卓上鍋
軽さを比べてみてください

軽くて楽カジ

従来の陶器の土鍋とくらべると、本体の重さがなんと約4割も軽くなっています!
割れる心配が無いので、女性でも調理中や食卓にのせるとき、洗って収納するときなど、楽に扱うことができます。

お手入れが楽カジ

鍋内側はフッ素コーティング加工なので、焦げが付きにくくなっています。また、陶器の土鍋に必要な事前準備が不要です。
※(陶器製土鍋に必要な事前準備は米のとぎ汁を土鍋に7~8分目まで入れて、ふたをせずに弱火で10分程煮る。その後、鍋が冷めるまで待つ。)
丈夫でお手入れが楽なので、毎日使いたくなりますよね。

お手入れラクラク
早くてラクラク

時短で楽カジ

アルミ製なので温まるのが早い! 調理時間が短縮できます。
食材を追加した時やシメを作るときも、具材が早く温まります。

少ない水で料理できる鍋

少ない水で中まで火が通り、うまみ成分が逃げづらいので、おいしい料理を味わうことができます。
アルミ製なので軽く扱いがしやすく、内側にフッ素コーティング加工を施しているので、焦げつきにくくなっています。
サイズは、3種類(16cm・22cm・25cm)。ご家族の人数やお料理によってお選びいただけます。

深型フライパンで鍋をしよう

深型フライパンは、炒める・揚げる・茹でる・煮るなど1台でいろんな調理が可能です。
また、カインズのフライパンは取っ手が取れるので、鍋としてもお使いいただけます。
取っ手を外せば、そのまま器としても使え、別の皿に盛り付ける必要はございません。
洗い物も減るので、時間の節約にもなります。

蓋がお茶碗になる軽量土鍋黒5号イメージ1

鍋を楽しむ便利グッズ

先がつかないシリーズ

先がつかないから汚れなくて衛生的です。また、”箸先がつかない菜箸 33cm”・”箸先がつかない取り箸 27cm”は、「iFデザインアワード2020」受賞。「レッド・ドット・デザイン」受賞。

持ちやすいシリーズ

手にフィットして持ちやすい

折りたたみできる鍋敷き

コンパクトに収納。シリコーン製ですべりにくい鍋敷き。

一人用土鍋

一人用のすき焼き鍋や陶板焼・いろり鍋・釜めし用鍋などを扱っています。
普段のお食事をプチ贅沢に彩り、旅行気分を味わってみてはいかかでしょうか。

一人鍋用

大人数用土鍋

ふきこぼれしにくい土鍋やIHでもご使用いただける土鍋など、カインズの土鍋は機能性あり。
さらに、ふきこぼしがしづらい土鍋は、なんと軽量タイプで女性でも扱いやすいです。

機能性土鍋

すべてのアルミ鍋・土鍋

サイズの目安

■ 5号…1人用(15cm前後)
■ 6号…1~2人用(18cm前後)
■ 7号…2~3人用(21cm前後)
■ 8号…3~4人用(24cm前後)
■ 9号…4~5人用(27cm前後)
■ 10号…5~6人用(28~30cm前後)

汚れが簡単に落ちる・割れにくい皿

カセットコンロ