もしものときに備えよう
~用途で選べる消火器~

火災の場合は【初期消火】が被害を最小限に抑えるポイント。その初期消火に不可欠なのが消火器です。
身近な場所に置いて、いざというときに備えましょう。

①火災の種類によって最適な消火器の種類があります
キッチンで起きる火災には「エアゾールタイプ」、油火災に強い「液体消火器」、万能型の「粉末消火器」など。
②設置する場所は「すぐに使えるところ」。
もっとも大切なのは、家族全員が設置場所を知っていること。各部屋でなくとも「すぐに取り出せる、目立つところ」がポイントです。

旧規格消化器は2021年12月31日までに交換が必要です

消防庁、日本消火器工業会より一般住宅には消火器の設置義務はありませんが耐用年数を迎えた消火器は交換を推奨しています。

旧規格消化器は2021年12月31日までに交換が必要です

家庭用(粉末タイプ)

一般的な消火器と言われるのが、この粉末タイプです。
粉末(ABC)タイプは、A(普通)・B(油)・C(電気)火災など、あらゆる原因の出火にすぐれた消火能力を発揮します。

家庭用(液体タイプ)

液体タイプの消火器は、粉末タイプと比べ、消火後の片付けが楽という特徴があります。
冷却効果が高く、浸透率も高いので、再発火が起きにくいというメリットも。また、放射時間が長いので、落ち着いて消火ができます。
強化液タイプは揚げ油火災に向いており、キッチンでの設置がおすすめ。

家庭用(エアゾール・簡易タイプ)

エアゾールタイプは、油火災と一般的な火災の一部に対応しています。
揚げ油火災の初期消火、石油ストーブ、火の不始末によるごみ箱火災等の初期消火に有効な消火具ですので、キッチン、リビング、寝室に設置をおすすめします。
簡易タイプは油火災にかぶせるだけのシートも。小型で軽量の為、女性や年配の方も扱いやすいというメリットがありますが、大きな火災には向きません。

業務用(粉末タイプ)

平成28年12月22日に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を受け、今まで消防法令で消火器設置の義務がなかった延べ面積150㎡未満の飲食店に対し、2019年10月1日から、初期消火を確実に実施し、火災の拡大を防止する措置として消火器の設置が義務化になります。
設置には10型以上の消火器をおすすめします。

関連品

消火器をしまっておくボックス、スタンド、消火器の場所を示す消防標識やシールなど。
収納BOX、スタンド、標識などで、設置場所が分かりやすいようにしておきましょう。

火災警報器

火災警報器設置が義務付けられてから、10年以上経過している住宅も多いと思います。一般的なリチウム電池の寿命は約10年と言われています。
消火器設置と合わせて、火災警報器も見直してみてはいかがでしょうか?

最近チェックした商品

あなたにおすすめ